ホーム | 日系社会ニュース | サンタクルス病院を御訪問=両殿下御訪問記念碑を除幕=コーラス隊に笑顔と拍手
御訪問記念碑の除幕式に参加された両殿下
御訪問記念碑の除幕式に参加された両殿下

サンタクルス病院を御訪問=両殿下御訪問記念碑を除幕=コーラス隊に笑顔と拍手

 秋篠宮同妃両殿下は28日午後2時、聖市内のサンタクルス病院をご訪問、記念碑の除幕式に出席された。コーラス隊の少年少女30人による歌の出迎えを受け、昭和天皇からの御下賜金を受けたのものの、敵性資産として接収された歴史にも深い関心を示された。

 ブラジル初の日系医療機関であるサンタクルス病院最初の建設費は、1934年に昭和天皇名で5万円の御下賜金を受けたことが呼び水となり、日本政府や政府高官からの寄付が相次いだ。
 しかし、戦争により42年に国交断絶。病院は敵性資産として接収され経営権は日系人の手を離れた。89年に日系人から返還運動が起き、多数の署名が集まる。翌年には日系人も経営に参画する協定が結ばれ、現在に至っている。
 午後2時に到着された両殿下を約200人の病院関係者らが出迎えた。石川レナト同院理事長らの案内で、両殿下御訪問記念碑の除幕式に参加され、病院の前庭にある笠戸丸30周年記念碑の説明を受けられた。
 入り口ホールでは、非日系の少年少女約30人が「花は咲く」を歌い、歓迎した。日系医師とのご懇談、二宮正人USP法学部教授(弁護士)が病院の歴史を説明した。
 病院のボランティアで構成された20人のコーラス隊が「モルダウ」を歌ってお見送りした。一度出口まで行かれた殿下だが、コーラス隊の前までお戻りになり、笑顔と拍手で感謝の意を示されていた。
 入り口で歓迎した山口猪津子さん(92、石川)は「はるばる日本より来られた殿下にお会いできるのは、何よりうれしい」と満面の笑顔で答えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 聖市議会で120周年式典=移民史再考セミナーも=新しい視点から見直す=人種偏見と勝ち負け抗争2015年11月25日 聖市議会で120周年式典=移民史再考セミナーも=新しい視点から見直す=人種偏見と勝ち負け抗争  聖市日伯外交樹立120周年記念委員会(野村アウレリオ委員長)は10日、記念式典を市議会貴賓室で行い、画家の若林和男さん、在聖総領事館、市議会自ら等を顕彰した。翌日から2日間に渡って同議会内で日伯関係や日本移民史をテーマにした記念セミナー(平野セイジ元USP副学長企画)が開催さ […]
  • 120周年で初期移民を顕彰=若手日系人が「縁」公演2015年9月15日 120周年で初期移民を顕彰=若手日系人が「縁」公演  日系三、四世の若者が「先祖に感謝を伝えたい」との想いから「エン・ラッソス」(水本エリアネ代表)を結成し、先月29日、聖市リベルダーデのFECAP劇場で外交120周年記念公演「縁―運命の絆」を行った。400人収容の会場はほぼ満席になり、観客は若手の新たな試みを温かい目で見守った […]
  • 一斉に読経する僧侶ら2015年6月19日 先亡者に思い馳せ107周年=教会や慰霊碑前で式典=「50年前から毎年ミサに」  笠戸丸の着伯から107年が経過した18日、例年通り「日本移民の日」を記念した各種慰霊式典が開催された。聖市では午前中、ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で「先駆者慰霊ミサ」、イビラプエラ公園内先没者慰霊碑前で「追悼法要」が執り行われた。午後からは文協の大講堂で仏式法 […]
  • 50年記念ケーキを前にハッピーバースデーを歌う関係者2015年1月27日 舛添知事来伯に期待高まる=都友会が半世紀の節目祝う=聖州との提携も25年=リオ五輪に向け「調整中」  ブラジル東京都友会(坂和三郎会長)が25日昼、聖市ニッケイパラセ・ホテルで『創立50周年記念祝賀新年会』を行ない、約100人が集った。東京サンパウロの姉妹州都締結25周年と日伯外交関係樹立120周年もあわせて祝った。今回は舛添要一都知事の参加は叶わなかったが、来年のリオ五 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]