ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ここ数カ月というもの、新聞紙上を賑わさない日がないエドゥアルド・クーニャ下院議長だが、同氏を追うカメラマンにとって4日、5日ほど絶妙なシャッター・チャンスもなかっただろう。4日の同氏に対する偽札ばらまきが、7月に起こって世界的に話題となったFIFAのブラッター会長への偽札ばらまきにヒントを得たのは明白だが、汚職疑惑のある政治実力者にはかなり屈辱的な行為だ。また、5日の秋篠宮殿下に対するフランシッシーニ下議による大統領罷免アピールは、国の恥部をわざわざ公務で晒すような行為で政治家としてやるべき行為かは微妙だが、ブラジル内外の反響やいかに。
     ◎
 5日付アゴラ紙によると、今年に入りサンパウロ州内でおたふく風邪(カシュンバ)が流行っているという。昨年の同州での発症は118件だったが、今年は10月6日までに215人を記録している。また、昨年は死者ゼロだったが、今年は既に2人が死亡したという。おたふく風邪は耳下腺のウイルス感染によっておこる疾病だが、精器などへの感染もありうるので注意が必要だ。49歳以下なら無料でワクチンでの対処が可能なので、気になる人は医療機関へ。
     ◎
 ロック系の大物の来伯がここ数年相次ぐサンパウロ市だが、来年の2月下旬にローリング・ストーンズがやって来ることが5日午後1時に正式に発表された。公演の場所はモルンビ・スタジアムで、公演日は2月24日(水)と27日(土)。チケットの値段などの詳細は、タイム・フォー・ファン社のサイトwww.t4f.com.br で近日中に発表される見通しだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=サンパウロ市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=サンパウロ市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ムーディーズなどがJBSの格付下げる=汚職と司法取引の報道で=ブラジルの引き下げも検討中?2017年5月24日 ムーディーズなどがJBSの格付下げる=汚職と司法取引の報道で=ブラジルの引き下げも検討中?  3大格付会社のムーディーズとフィッチが22日、世界一の食肉会社JBSの格付を引き下げたと22、23日付ブラジル国内紙やサイトが報じた。  これは、ブラジルのメディアが17日に、同社社主のジョエズレイ&ウエスレイ・バチスタ兄弟らが司法取引を行ったと報じた事が発端だ。JBSは連 […]
  • 東西南北2018年12月15日 東西南北  13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内 […]