ホーム | 日系社会ニュース | ロンドリーナで74人が発表=三州・パ国交流お話大会
D組の入賞者たち
D組の入賞者たち

ロンドリーナで74人が発表=三州・パ国交流お話大会

 パラナ日伯文化連合会(リーガ・アリアンサ、折笠力己知会長)とパラナ日本語教育センター(嶋田巧センター長)の主催で、日本ブラジル外交関係樹立120周年、パラナ州日本人入植100周年を記念し、「三州・パラグアイ交流日本語お話大会」が10月10日午前、同州ロンドリーナ市のパルケ・ネイブラガで開かれた。
 日本語学習者の語学力向上だけでなく、隣国パラグアイの青少年との交流、および日本との友好に貢献する人材育成を目的としている。パラグアイと南麻、聖、パラナの各州から74人の参加があった。
 日伯両国歌斉唱に続き開会式が行われ、折笠会長、嶋田範男実行委員長、池田敏雄在クリチーバ総領事、西森ルイス連邦下議、全パラグアイ日系人教育推進委員会の根岸作嘉委員長らの挨拶があった。
 発表は4組に分けられ9~10歳、11~12歳、13~14歳、15~16歳の順に行われた。各組3位までの入賞者には、在クリチーバ総領事館から記念の腕時計が贈られた。また特別賞(最高点)には、「文化の違い」をテーマに話したD組(13~14歳)の片山よしあきさん(マリンガ)が選ばれた。
 翌11日はパラナ日伯文化連合会会館で、生徒交流会を開催。また参加校の教師や役員が参加して、反省会と来年の開催について話合いが行われた。
 来年は南麻州で開催される予定。南麻州日伯文化連合会の城田芳久会長は「ロンドリーナのようには出来ないかもしれないが、皆で頑張って開催する」と述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 参加者の皆さん(開講式後の記念撮影)2015年7月18日 近隣4カ国含め計60人参加=第58回全伯日本語教師研修会  今年創立30周年を迎えたブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が主催する第58回全伯日本語教師研修会が17日に開講式を行った。今回はアルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルーなど近隣4カ国からの参加者も得て約60人が19日まで3日間「日本語教師も運営感覚を磨こう!」をテ […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞2016年10月20日 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞  独立行政法人国際交流基金が毎年贈呈する基金賞をブラジル日本語センターが受賞した。1973年から続く同賞は国際交流基金の設立翌年に始まり、今回で44回目。文化活動を通じ国際相互理解、国際友好親善の促進への貢献やこれからの活動が期待される個人、団体に授賞される。  同センタ […]
  • 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会2016年7月16日 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会  ブラジル日本語センター(立花アルマンド敏春理事長)が主催する第59回全伯日本語教師研修会が15日午前、開校式を行った。アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ペルーなど近隣4カ国からの参加者を入れ、約90人が集まった。15~17日の3日間「生徒倍増計画 ~ちょっと現場改善」をテー […]
  • ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換2006年7月22日 ベネズエラ初参加=汎米日語教師ら情報交換 ニッケイ新聞 2006年7月22日付け  第二十一回汎米日本語教師合同研修会が十八日から二十六日までの九日間、ブラジル日本語センター(谷広海理事長)で行われている。カナダ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、パラグアイ、ペルー、ベネズエラ、ボリビアの七カ国から十四人、ブラジル国 […]