ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■本門佛立宗、御教歌要集を刊行

■ひとマチ点描■本門佛立宗、御教歌要集を刊行

高級感溢れる装丁の御教歌要集

高級感溢れる装丁の御教歌要集

 20年がかりの地道な翻訳作業が結実し、ブラジル本門佛立宗(高崎日現教区長)は念願だった『日ポ・佛立御教歌要集』(コレイア教伯・佐藤雅江共編)を先月28日に発刊した。
 開祖・日扇聖人の生誕二百周年に併せ刊行された同集は、法華経を中心にした御教歌1772首を収録。日語、ローマ字ルビ、四行の詩文形式でポ語訳文が付され、韻や音を踏まえつつ、含意が削がれないよう逐語訳式に則して翻訳された。
 翻訳作業にあたってきたモジ隆昌寺コレイア教伯は「実際に修行に身を置く生身の人間でなければ御教歌を解せないし、人生経験が未熟でもまた不完全となっていた。時間をかけて、非常に完成度が高いものが出来上がった」と自信を覗かせる。
 「完全な翻訳は不可能といわれるなか、ポ語は細かいところに届く柔軟な言語。だからこそ、深みにはまる言葉を表現できた」とも。パラナ州国立大学のフアラコ言語学教授によれば、梵語、日語、ポ語が世界三大難語とされているという。
 「英訳では言語表現が乏しい。佛教伝播の媒介となるのは、ポ語だと考えている。忠実にポ語に翻訳されることで、多言語にも翻訳される時代が到来する」とも。当地における佛教伝播にとって、重要な一冊となりそうだ。
 初版は2千冊刊行。関心のある方は、同宗各寺まで問合せを。(航)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • CC・CPI=議長はPSDBへ=PMDB多数派を占め勝算2008年2月29日 CC・CPI=議長はPSDBへ=PMDB多数派を占め勝算 ニッケイ新聞 2008年2月29日付け […]
  • 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹2021年3月17日 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹  新型コロナの感染が始まって以来、1年近く会えなかった74歳の双子の姉妹が、予防接種会場で再会した。  約1年ぶりとなる再会を果たしたのは、連邦直轄区在住のサンドラ・マリア・ヴァレンテさんとシェイラ・マリア・アルブケルケさんだ。  いつも一緒にいたのに、300日以上 […]
  • 「日本とブラジルつなぎたい」=静岡生まれの三世、イノエさん2020年3月14日 「日本とブラジルつなぎたい」=静岡生まれの三世、イノエさん  「日本とブラジルを繋ぐ国際交流の仕事ができれば最高です」――静岡文化芸術大学(浜松市所在)の4年生、イノエ・デ・リマ・エドゥアルド・ダイキさん(22、三世)は、帰国後に就職活動を開始する予定。7日に静岡県人会で取材すると、将来への熱い想いをそう語った。  「ブラジル […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(6)2017年6月17日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(6)  当時の間切長宮里蒲助の名をもって蒲助浜と付したと歴史は伝えている。そこで蒲助浜(実質的には米須海岸)の砂丘に糸満から漁業者(ウミンチュー)数家族が呼ばれ移住し、浜小(ハマグワー)と云う集落が形成され誕生した。  この集落は、去った沖縄戦(1944~1945年)まで続いていた […]
  • バイク車線を断念か=試験期間で渋滞が3倍に2008年1月24日 バイク車線を断念か=試験期間で渋滞が3倍に ニッケイ新聞 2008年1月24日付け  23・デ・マイオ大通りでバイク専用車線を設置し試験期間として様子を見た市当局は、これまで二日間で路線の渋滞が三倍に急増し、効果なしとの結論に傾いているようだ。 […]