ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州教育局のエルマン・ヴーアヴァルド局長は17日、サンパウロ州で来年実施される州の教育改革に伴う学校の統廃合について「撤回するつもりはない」との声明を改めて出した。同局長は、学生たちや親からあがる不満や批判に関しては「理解を示し、耳を傾ける」としながらも、「あくまで州の学校教育を良くするため」で、予定は変えないとした。今回の改革に伴う学校の統廃合は92校に及び、遠隔地への転校や、優秀校の廃校なども含み、批判が多い。17日にも西部のゴドフレド・フルタード校で抗議活動開始後44校目となる学生による学校侵入が起こった。混乱は収まる気配を見せないが。
     ◎
 人気パゴージ歌手でサンパウロ市市会議員のネッチーニョ・デ・パウラ氏が17日、サンパウロ州の選挙裁判所から議員資格剥奪の判決を受けた。これは同議員が4月にブラジル共産党(PCdoB)から民主労働党(PDT)へ移籍したことが、前党に対する裏切り行為と判断されたため。同議員はPCdoB内には政治的な差別が存在するので同党をボイコットしたと主張していたが、裁判所はこの主張を受け入れなかった。同件は高等選挙裁判所への上告が可能だ。
     ◎
 きょう19日のサッカー全国選手権はコリンチャンス・ファンには大事な一日だ。敵地リオでのヴァスコ・ダ・ガマ戦にコリンチャンスが勝てばそのまま優勝し、負けや引き分けでも、モルンビで行われるアトレチコ・ミネイロ対サンパウロ戦でアトレチコが負けるか引き分けで優勝が決まる。20日からの3連休はコリンチャンス一色となるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月18日 東西南北  ボルソナロ大統領が12日にサンパウロ市で行って物議を醸した、マスクなしでのバイクでの集団デモ行進「モトシアッタ」について、サンパウロ州公共運輸サービス規制機関(Artesp)が、料金所などの記録によると、この日に使われたバイクの数は6661台だったと発表した。デモの直後は「1 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]