ホーム | 文芸 | 俳句 | 第37回念腹忌、第27回潔子忌、第5回牛童子忌 全伯俳句大会(2015年10月18日)

第37回念腹忌、第27回潔子忌、第5回牛童子忌 全伯俳句大会(2015年10月18日)

【席題特選句  寿和選】

 生涯の学びの場とし念腹忌       西山ひろ子
 娘に添はれ空馳せて来し念腹忌    小原 加代
 国貧し黄金に燃ゆる金鳳樹       西谷 律子
 薩摩芋供へ床しき潔子の忌       原 はる江
 八百号言祝ぐ年の念腹忌        西山ひろ子
 俳諧てふ生きるともし火念腹忌     馬場 照子
 歳時記は私の聖書牛童子忌       二見智佐子
 初咲きのパウブラジルに畑明し     古賀マリア
 せっかちな児大らかな児のシャボン玉 西川あけみ
 素十師も涙す献身潔子の忌       香山 和栄

【席題特選句  一般選者】

○浅海喜世子選、平野住代選
   耳にある「ネーン」の名のり念腹忌    星野  瞳

○伊藤きみ子選、古賀マリア選、武田知子選、山城みどり選
   一滴の大河となりし念腹忌    平間 浩二

○太田英夫選
   千年も同じ歌とや夕サビア    浜田 一穴

○角田梢選
   仮の世の真を詠ひ念腹忌    小斎 棹子

○黒木安希子選
   潔子姉の気品偲ばる花菖蒲    永田美知子

○児玉和代選
   まだ胸の高鳴ることも念腹忌    西谷 律子

○作本登実子選
   句を詠めば独りにあらじ念腹忌   小斎 棹子

○城良子選、伊達幹選
   念腹忌和語の魅力を担ふ弟子    角田  梢

○住谷ひさお選
   祖国より絆の献句念腹忌    鈴木 文子

○中馬和子選
   優雅なる帝の御紋菊香る    林 とみ代

○寺師幸子選
   せつかちな児大らかな児のしゃぼん玉    西川あけみ

○富岡絹子選
   虚子師との絆尊し念腹忌    菊池 信子

○西山ひろ子選
   永劫に貴ぶ心念腹忌    串間いつえ

○西川あけみ選
   二千キロつきそいくるる子念腹忌    平野 住代

○原はる江選
   来ぬ人を心に集ひ念腹忌    西山ひろ子

○馬場照子選
   アリアンサに稚鴎百歳念腹忌    小斎 棹子

○平間浩二選
   まほろばのホ句を紡ぎて念腹忌    林 とみ代

○前田昌弘選
   金儲け下手な男の大朝寝    太田 英夫

○森西茂行選
   師の遺訓永久に学べよ念腹忌    林 とみ代

○山口まさを選
   娘に添はれ空馳せて来し念腹忌    小原 加代

○吉田繁選
   青き踏む母に合せる歩調かな    中馬 和子

【席題特選句  代表選者選】

○菊池信子選
   叙勲をも固辞されしてふ念腹忌    永田美知子

○串間いつえ選
   ジャカランダ踏まぬ心も三師の忌    二見智佐子

○小斎棹子選
   地下鉄で会ふ日本人念腹忌    串間いつえ

○香山和栄選
   稚鴎囲む句会に少女春の弓場    馬場 照子

○小原加代選
    囀りに覚めて鍬研ぐ日の出前    笹谷 蘭峯

○小村広江選
   うららかや等身大の句を詠まん    鈴木 文子

○笹谷蘭峯選、林とみ代選
   俳諧てふ生きる灯火念腹忌    馬場 照子

○杉本絃一選、西谷律子選
   命ある俳句を詠めよと念腹忌    小斎 棹子

○鈴木文子選
   木蔭誌の巻頭誇り耕せる    香山 和栄

○寺尾芳子選
   潔子忌に親しみ深きジャカランダ    原 はる江

○栃沢秋穂選、村上士郎選、吉田しのぶ選
   祖国より絆の献句念腹忌    鈴木 文子

○永田美知子選
   二千キロつきそいくるる子念腹忌    平野 住代

○浜田一穴選
   物干しの片竿かつぐ梅の枝    太田 英夫

○樋口玄海児選
   春は行くチプアナ咲いて雨降って    住谷ひさお

○二見智佐子選
   無事終了地蔵に恃む念腹忌    佐藤 寿和

○星野 瞳選
   春の街ジーンズを買ひ紅を買ひ    鈴木 文子

○三原春風選
   仲直りせず来し牛童子忌今日参る    星野  瞳

【兼題特選句  寿和選】

畑打つてコチア青年国造り          西川あけみ
朝東風を五輪マークの帆に受けて      西谷  晃
信念の揺らぐことなく東風に佇つ       長田美奈子
東風に乗り俳句王国築き上ぐ         鈴木 文子
春愁や吾子も仲間の教師スト         笹谷 蘭峯
春愁や被爆の足を引きずりつ         武田 知子
強東風は試練や坂の札所寺         日本・猪谷 信子
翻る巫女の緋袴東風強し           日本・斉木 富子
草餅を含めば広ごる郷の景          日本・平井 朝子
草餅や里の野のいろ野のかをり        日本・小柴 智子
春愁や心に本音閉ぢ込めて          日本・阪本玖美子
春愁ふ来し方想ひ末思ひ           日本・みやおか秀

【席題入賞者】
一位 鈴木 文子  六点
二位 西山ひろ子  五点
三位 馬場 照子  五点
四位 小斎 棹子  五点
五位 平間 浩二  四点
六位 原 はる江   三点
七位 香山 和栄  三点
八位 小原 加代  三点
九位 二見智佐子  三点
十位 西谷 律子  三点

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に2021年6月17日 さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に  60代以上はワクチン接種を終え、これまで頑なに家族から対面で会うことを止められてきた人々も、各自の判断で旧交を温める動きが出始めている。そんな14日、1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者らが互いに呼びかけ、猫塚司さん(78、岩手県出身)、中沢宏一さん(78 […]
  • ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん2021年5月4日 ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん  「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque […]
  • 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承2021年4月7日 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承  フェイラには真っ赤に熟れた柿が並んでいる。生産者の大半は日系人だ。その代表的な一人、ピエダーデ市で高品質な柿や栗などを生産する益田照夫さん(79歳・愛媛県)を取材した。  益田さんの生産物は聖市の台所、中央卸売市場「セアゼスピ」で卸売されている。柿の収穫期の現在は週 […]
  • 聖南西果樹農家巡り(中)=ピニャールの山下治さん=福井村の草分け、苦労の葡萄作り2021年4月6日 聖南西果樹農家巡り(中)=ピニャールの山下治さん=福井村の草分け、苦労の葡萄作り  ブラジルでは夏が過ぎて実りの秋となり、葡萄の収穫期だ。コロニア・ピニャール移住地で大玉の種無しマスカットや葡萄を中心とした果樹菜園を行う山下治(おさむ)さん(85歳・福井県)を取材した。  山下さんは、同地域で畑を開いて58年。現在合計面積約27アルケール、3つの畑 […]
  • 鹿児島総会=新会長に文岡正樹氏を選出=「今まで以上に団結ある会に」2021年3月17日 鹿児島総会=新会長に文岡正樹氏を選出=「今まで以上に団結ある会に」  ブラジル鹿児島県人会(上園モニカ会長)は2月21日9時から「鹿児島県人会定期総会」をオンライン会議アプリズーム上で開催し、役員選挙で文岡正樹氏を新会長に選んだ。当日はメンバー21人が参加。中にはパラナ州クリチバ市や、北大河州ナタール市など、聖州外からの参加者も目立った […]