ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 26日に引き続き、27日の伯字紙の政治面のほとんど、経済面の一部をデウシジオ上院議員の話題が独占した。この日の見出しを飾ったのは、デウシジオ氏が連邦警察に対し、極秘会議でセルヴェロー被告の息子ベルナルド氏に父の釈放や国外逃亡の話をしたのは「なぐさめてやろうという人道的な気持ちから出たもの」という、仰天ものの発言だった。また、最高裁判事とあたかも談合をしたかのような発言に関しては、「そうした事実はない」と嘘だったことを認めた。「私なら何でもできる」「私は○○に顔が利く」みたいな調子のいい大言壮語は政治家につきものだが、そうした態度が完全に裏目に出たようだ。
     ◎
 24日、サンパウロ市パウリスタ大通りの高級アパートで、米国人のクレイグ・リンドン・クラウトさん(54)と愛犬のゴールデン・レットリバーが死亡しているのが発見された。クレイグさん、愛犬ともに暴力を受けた形跡はないが、クレイグさんは1週間前から姿を見せなくなっていた。このアパートでは5月に、クレイグさんの20年来の恋人だった男性が暴力行為を受けて亡くなっており、警察は強盗や同性愛嫌悪者による殺害の疑いで調査をしていた。今回の件との関係はいかに。
     ◎
 27日はブラック・フライデーということで、伯字紙サイトでも、購買者たちが目当てのものをめぐって競争し、従業員たちが忙しそうに商品を渡す姿が報道された。店によっては、今日、明日も引き続き安売りを行うところがあるので、あきらめずに駆け込むと、意外な幸運が待っているかもしれない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協=旅順丸100年記念して=高齢者無料チェックアップ2010年6月25日 援協=旅順丸100年記念して=高齢者無料チェックアップ ニッケイ新聞 2010年6月25日付け  サンパウロ日伯援護協会リベルダーデ医療センターは7月3、4日、同センター(R. Fagundes, 121)で高齢者無料ミニチェックアップを実施する。 […]
  • ごあいさつ2017年12月29日 ごあいさつ 新年明けましておめでとうございます=内閣総理大臣 安倍晋三    ブラジルにお住まいの邦人、日系人の皆様、新年明けましておめでとうございます。皆様におかれては、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。  昨年10月の総選挙の結果、国民の皆様の […]
  • 今年もデング熱が危険=4型感染も28年で初の確認=12省の会合で対策求める2011年1月14日 今年もデング熱が危険=4型感染も28年で初の確認=12省の会合で対策求める ニッケイ新聞 2011年1月14日付け […]
  • 《リオ市》パケター島=接種前から抗体を所持=未接種者で40%の高率2021年7月14日 《リオ市》パケター島=接種前から抗体を所持=未接種者で40%の高率  【既報関連】リオ市のパケター島では6月20日に新型コロナワクチンの実験的な一斉接種が行われたが、接種前に行った血液検査の結果、一斉接種に参加した未接種者(当時)の40%は既に抗体を持っていた事が判明したと7日付G1サイトなどが報じた。  リオ市市役所の発表によると、 […]
  • 金融市場に変化が=対伯投資がまた戻る気配2009年1月8日 金融市場に変化が=対伯投資がまた戻る気配 ニッケイ新聞 2009年1月8日付け  ドル通貨が六日、四日間にわたる続落で一月に入って七%下げ、二・一八レアルを付けた。十二月四日の二・五三六レアルから見れば、一四%下げ金融市場に何らかの変化が生じている。 […]