ホーム | 日系社会ニュース | フォーリャ紙論説が弾劾=「ジウマは伯国外交に損害与えた」=13年、秋篠宮殿下、今回も

フォーリャ紙論説が弾劾=「ジウマは伯国外交に損害与えた」=13年、秋篠宮殿下、今回も

 フォーリャ・デ・サンパウロ12月1日A14面には、コラムニストのアレシャンドレ・ヴィダル・ポルトが「ジウマは伯国外交に損害与えた」という見出しの大統領訪日直前キャンセルを厳しく批判する論説が掲載された。以下はその本文。
    ◎
 外交とは外国との問題を解決する手段であり、けっしてその逆ではない。外交的な政治能力が著しく欠乏するジウマ・ロウセフ大統領の場合、その外交の考え方は、現代建築家のテーゼ(主題)のように「シンプルなデザインであるほど最良(=外交が少ないほど良い)」というものに違いない。
 大統領がブラジル外交に与えた最新の損害は、日本とベトナム行きを直前にキャンセルしたことだ。補佐官は「国家的な問題」と理由付けした。
 もしあなたが〃国家的な問題〃を考えたとき、まず史上最悪の贈収賄スキャンダル(ペトロロン)や歴史的な環境汚染事故(マリアナ)を思い浮かべるだろう。ところがこの場合の〃国家的な問題〃はもっと分かりやすい。2015年の会計において政府はこれ以上、予算執行ができないからだ。これで(外交的に)意味が通るのか?
 特記すべきは、これが2回目ということだ。一回目は2013年で、このときも出発の数日前にキャンセルした。ベトナムに関しては、2012年に発生した別の外交的事故、ベトナム共産党主席がブラジル訪問の途上、予定されていたジウマ大統領の対応が受けられないことが分かったこと―を乗り越えるための訪問だった。
 大統領は先月、地球の反対側からわざわざ来伯された秋篠宮殿下を20分間も待たせた。日本を知るものにとっては当然だが、直前に予定時間をずらして、待たせることほど失礼なことはない。ジウマ大統領はそんな失礼を2度、立て続けにやった。
 日本は世界で3番目に大きな経済大国であり、科学技術の中心地、投資大国だ。ただし、それ以上に日本は、ジウマ大統領がこの世界に現れるはるか前、120年にわたる長い、太い人的関係を持つ友好国だ。
 大統領は友人関係を楽しむ人ではないようだが、ブラジルはそれが好きであり、必要でもある。
 大統領訪問には、数カ月の準備期間が必要であり、両国の多くの官僚がそのために作業に尽力する。当然のこと、多大な専用車の賃料、宿泊料、諸経費がかかる。
 日本政府は税金を納める自国民に、キャンセルされた訪問の準備に、どれだけの出費があったかを説明しなければならない。ジウマ政権は誰にも満足感を与えない。だからこそ、あんな簡単にキャンセルができるのだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 埼玉県選挙区補欠選挙=在外公館投票10月12日2019年9月20日 埼玉県選挙区補欠選挙=在外公館投票10月12日  参議院埼玉県選挙区において選出議員の補欠選挙が実施されるにあたり、伯国でも各在外公館で投票を受け付ける。  在外公館投票は10月12日(土)の予定。在聖日本国総領事館では午前9時半~午後5時、同館3階多目的ホールにて投票を受け付ける。  伯国内で在外公館投票が可能なのは、 […]