ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現在、伯国内で拡大の様相を見せている、ジカウイルスに伴う赤ちゃんの小頭症だが、聖州カンピーナス在住で、妊娠初期の罹患が疑われているパトリシア・コンパッシさん(21)が5日付アゴラ紙の取材に応えている。10月に小頭症の男の子を生んだばかりのパトリシアさんは、ジカウイルスにかかった自覚症状があったという。それによると、妊娠2カ月目の4月に熱は出なかったものの、全身に発疹が出て、下痢になり、医師の診断を受けたという。そのときは「食中毒」と診断され、塗り薬をもらっただけに終わっていたという。赤ちゃんが小頭症だと診断されたのは妊娠7カ月目だったという。
     ◎
 聖州では週末にまとまった雨を見、カンタレイラ水系の降水量も7日午前9時現在で89・7ミリとなった。月初めの1週間で約90ミリの雨が降った訳だが、12月の同水系の月間平均降水量は約220ミリなので、今のペースなら3週間未満で超えることも可能だ。同水系の水位は21・2%となり、「未開の水域」分29・2%の回復まであと約8%。雨季が終わるまでに達成してほしいが、果たして。
     ◎
 6日にサッカー全国選手権の最終節が行われ、サンパウロが敵地の対ゴイアス戦を1―0で勝利した。これでサンパウロは4位が確定し、コリンチャンス、パルメイラスに続き、リベルタドーレス杯進出を決めた。一方、コリンチャンスはイタケラでアヴァイと対戦し、試合終了間際に1―1の同点にして引き分けた。勝てば残留だったアヴァイはこの痛恨ゴールで17位になり、2部降格となってしまった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年2月17日 東西南北  13日に聖市南部のサントアマーロ高架橋がトラック2台の衝突に伴う炎上で部分損傷し、通行止めになったことは昨日付本紙でも伝えたが、週が明けた15日、南部のバス交通は一大パニックとなった。同高架橋は南部でも通行量の多いことで知られているが、そこが封鎖され、25ものバス路線がルート […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、伯国史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の暁に […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]