ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ここ連日、伯字紙はジカウイルスの話題を一面に大見出しで報道し続けている。日本はじめ、世界中でも報道され始めたことで、この流れが加速しているようだ。感染に関するニュースも連日のように飛び込んできている状態で、サンパウロ市保健局が発表した最新データによると、16年1月にジカの疑いがかけられた人は、昨年全体の18人を上回る21人いたという。そのうちの6人は疑いが晴れたものの、5人は感染が確認(昨年は1年通じて3人)された。感染者の1人は妊婦で、その女性の胎児は小頭症であることも確認されたという。カーニバルで人の動きが激しくなれば、他州からジカが持ち込まれる可能性も強く、注意が必要だ。
     ◎
 3日17時ごろ、サンパウロ市コンゴーニャス空港付近のワシントン・ルイス大通りでバス2台の追突事故が起きた。これにより12人が負傷し、近くの病院へ運ばれた。派遣された消防車11台が約1時間半、事故現場での対応に追われたほか、バスレーンが一時通行止めとなったため、渋滞も発生した。サンパウロ市はこれから本格的にカーニバルに突入するだけに、空港近くでの交通トラブルには気をつけていただきたい。
     ◎
 3日、ペルーで行われたリベルタドーレス杯のグループ・リーグ進出をかけた1戦で、サンパウロFCはウニベルシダ・セーザル・ヴァジェーホ相手に0―1の劣勢だったが、アルゼンチンから加入したばかりのジョナサン・カレリの同点ゴールでなんとか引き分け。これで10日の次戦はだいぶ楽になった。次戦はモルンビではなく、パカエンブーで開催される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年2月3日 東西南北  今やブラジルの域を超え、世界的な現象として恐れられているジカウイルス。サンパウロ州でも気が気でない状況は同じだが、2日付アゴラ紙によると、ピラシカーバで、今年に入り2人目(1人目はバウルで発症)となる、妊婦によるジカウイルス罹患者が確認された。この妊婦は現在妊娠32週目だが、 […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二2016年6月16日 イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二  暫く走ってから比較的大きなカーブに差し掛かった時、船長は突然、急カーブを切った。あわや転覆するのでは・・・と驚愕した瞬間、今度は全員が波しぶきを全身に浴び悲鳴を上げた。 船長は2、3度この恐怖のサービスを繰り返した。いよいよ滝の下に近づくにつれ、徐々に滝しぶきが強くなってきた […]
  • 東西南北2016年2月12日 東西南北  ルーラ前大統領が10日、インターネットでビデオ・メッセージを送った。3分半ほどのビデオは労働者党(PT)の創立36周年を祝うためのもので、ルーラ氏は「PTは現在、困難の中にある」が「ブラジル史上最も偉大な政党」とした上で、「我々も過ちを犯すし、過ちを犯した者はその代償を払わな […]