ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジウマ大統領やエドゥアルド・クーニャ下院議長の罷免問題で揺れる伯国だが、増加の一途を辿る小頭症児の件も気になるところ。聖州グアルーリョス市は9日、11月から今月2日までに生まれた小頭症児は、既に発表されている1人以外に5人増えて6人となり、過去5年間で最高だった3人の倍となったと公表した。これらの赤ちゃんとジカウイルスの関係は確認されていない。10日付アゴラ紙は、聖州で生まれた小頭症児はカンピーナス市の10人や聖市7人などを含む38人で、内11人がジカウイルスが原因とされていると報じたが、州保健局は9日、州内の小頭症児は54人で、ジカウイルスとの関係が確認された例はないと報告している。
     ◎
 聖市交通局が発表したデータによると、1~10月に市内で起きたバスによる事故は1547件で、13、14年の同期よりも減少したという。この2年は共に1700件を超えていた。また、バスによる事故が最も多かった通りは、セントロのランジェル・ペスターナ大通りで計22件、そのうち15件が人をはねたものだという。同大通りでは路上に店を出す露天商が多く、車道を歩く人が多いのが原因ではないかと分析されている。
     ◎
 10日はアルゼンチンのブエノス・アイレスで新大統領、マウリシオ・マクリ氏の就任式が行われたが、ジウマ大統領は遅刻し、マクリ氏の議会場での就任挨拶の瞬間を見逃してしまった。これは飛行機の到着が遅れたためで、午前9時に着くはずが11時15分に到着した。大統領府での襷授与式には間に合ったようだが、やれやれだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年2月5日 東西南北  ここ連日、伯字紙はジカウイルスの話題を一面に大見出しで報道し続けている。日本はじめ、世界中でも報道され始めたことで、この流れが加速しているようだ。感染に関するニュースも連日のように飛び込んできている状態で、聖市保健局が発表した最新データによると、16年1月にジカの疑いがかけら […]
  • 東西南北2015年12月3日 東西南北  現在、ラヴァ・ジャット以外でも様々な疑惑を抱えるルーラ前大統領の友人の牧畜企業家、ジョゼ・カルロス・ブンライ氏が話題を呼んでいる。彼の存在が、これまで大統領経験者を裁いたことのない伯国の歴史を揺るがすか否か、今後も注目される。その一方、お隣のアルゼンチンでは1日、同国で90年 […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 東西南北2016年4月5日 東西南北  ジカ熱やデング熱の恐怖は依然続いているが、最近は、多くの死者も出ていることもあってH1N1型のインフルエンザが話題を奪いつつある。死者が55人に上る聖州でも事態は重く考えられており、4日からは医療関係者対象、来週月曜の11日からは、妊婦や幼児、高齢者、慢性病患者を対象とする予 […]
  • 東西南北2015年12月4日 東西南北  ジウマ大統領に対する大統領罷免請求を遂に受理し、動き始めたエドゥアルド・クーニャ下院議長だが、国民の反応は冷ややかなものだと言わざるを得ない。先月末に行われたダッタフォーリャの世論調査では、「クーニャ議長は辞任すべき」の意見が81%で、「すべきでない」の7%を大きく上回ってい […]