ホーム | コラム | 樹海 | 平和への思い、今後も

平和への思い、今後も

 広島の地元紙、中国新聞で「記憶を受け継ぐ」という被爆体験を語る連載がある。サンパウロ在住で懇意にしている谷口範之さんの友人が出ていたので切り抜きを持って帰った。紙面を見ながら「顔の色つやもいいねえ。数日前に電話で話した。声も元気で『まだまだ生きそうだな』と笑ったばかり」と話す谷口さんは、シベリア抑留経験者。卒寿の二人の体験者に触れたこと自体が将来、すごい経験になるのかも▼現在、軍隊を経験した人は約3%、幼少期に戦争体験した人は約10%だという。終戦70年を迎える今年、メディアでもこの節目をテーマにした記事や番組が目についた。本紙でも紹介しているが、勝ち負け問題も広く論議されるようになっている▼ブラジルでも平和関連の動きがあった。広島文化センターは創立60周年の記念行事で、原爆ポスター展をサンパウロ市で開いた。ブラジル被爆者平和協会は例年に比べ講演の依頼が倍増したという。長崎市の平和の灯が海を渡り、今週末にラーモス移住地で分灯式が行われる。同地にも被爆者協会がある。今後平和活動が行われることを期待したい。惜しむらくはレジストロで続いていた平和灯ろう流し。来年から再開されるよう関係者の尽力に期待したい▼おりしも、広島市の原爆資料館にある原爆投下時刻、午前8時15分で止まった懐中時計の短針が錆で折れたニュースに触れた。息子から贈られたものを被爆者が肌身離さず持ち歩いていたもので遺族から寄贈されたのが、コラム子が生まれた1975年。自分と同じ年だけ平和を訴え続けた短針。現在修復中と聞き、力がでた。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本文化の継承・普及の戦略立案を=《中》2017年12月13日 《ブラジル》日本文化の継承・普及の戦略立案を=《中》  日本文化の継承・普及戦略の粗筋を考えるにあたって、日本に関するポ語情報をSNSやインターネット、書籍などの形で大量にばら撒いて若い世代を幅広く惹きつけるのを「序」(空中戦)、ジャパン・ハウスや日本語学校、日本文化講座などの施設で実際に対面しながら学んでもらうのを「破」 […]
  • 樹海2015年7月11日 樹海  広島の原爆ドームは、戦争の悲惨さを伝える平和の象徴として、世界中に知られている。日本三景の一つ、厳島神社も有名だが、広島といえばやはり市内にそびえたつあの威容が誰のイメージにも真っ先に来る。しかし戦後まもなくは、市民感情的にも取り壊しを求める声も多かったようだ。当然のこと […]
  • 灯ろう流し、二宮金次郎像、富士山と鳥居2016年7月9日 灯ろう流し、二宮金次郎像、富士山と鳥居 […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月13日  次々に百周年——。今年はレジストロ地方百周年が盛大に祝われ、聖州議会では平和灯ろう流し発起人8人への顕彰もあった。日系団体がポ語字幕の原爆映画を上映し、『原爆許すまじ』などの歌を教え、公立学校生徒に平和教育をするという日系活動だ▼日系団体 […]
  • 青年部間の横の繋がり強化で再活性化を2016年11月17日 青年部間の横の繋がり強化で再活性化を  組織活性化を目的とした青年文協主催の「レヴィー」が先日、20周年を迎えフォーラムを開催した。各地青年部から約100人が集まり、未来を担う若手の取り組みについて話合われた。  地方青年部の中には非日系人の姿も。レジストロ青年部によれば、灯ろう流しで大盛況だった『祭ダンス』は、 […]