ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 下院が大統領罷免請求を受理し、手続きをはじめた直後だというのに、3、4、8月と比べ、かなり弱い盛り上がりで終わった今回のマニフェスタソン。どうしてこん何盛り上がりが悪かったのか、現在、メディアがいろんな推論を立てているが、左翼側が主張しているのが「実施日が最悪だった」というものだ。1968年12月13日は、当時の軍事政権が、不満分子に対する取締り強化で拷問死や行方不明を多発させ、検閲を強化させた軍政令第5条(AI5)の発令日。ただでさえ大統領罷免を「クーデター」と解釈する向きにはとんでもない、というわけだ。偶然かもしれないが、日付の持つ魔力は生きていたか。
     ◎
 12月に入ってからの聖州の降水量は平年以上のペースで、14日午前9時現在、カンタレイラとアウト・チエテの両水系は100ミリ以上の降水量を記録。現在のペースで降り続ければ月末には230~250ミリ程度となり、月間平均を超えることは可能だ。気になる水位だが、カンタレイラは24・2%まで上昇し、「未開の水域」脱出まで残り5%となった。アウト・チエテは19・9%で20%台到達が目の前となっている。
     ◎
 現在日本で開催中のサッカーのクラブ・ワールドカップに伯国のチームは参加していないが、アジア代表として準決勝に進出する広州恒大(中国)は、前セレソンのフェリポン監督はじめ、主力選手にもロビーニョやパウリーニョらおなじみの顔ぶれが多い「隠れ伯国チーム」だ。同チームは日本時間17日にネイマールのいるバルセロナと準決勝を戦う。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月10日 東西南北  サンパウロ市地下鉄2号線は昨年から、従来以上に効果的な最新鋭の車間制御機を使い始めたとアピールしていたが、9日付アゴラ紙によると、2016年は1年間で76回もの故障を記録していたことがわかったという。従来の制御機は、前の電車の一番後ろと後続の電車の先頭にあるアンテナから発せら […]
  • 東西南北2016年6月7日 東西南北  3日からはじまったサッカーのコパ・アメリカ100周年記念大会。セレソンは4日夜、エクアドル代表と戦ったが、得点なく、0―0の引き分けに終わった。ただ、この試合の後半21分、キーパーのアリソンが、相手フォワード、ボラーニョスのシュートをゴールポスト際で正面で捕球した際にお手玉し […]
  • 東西南北2016年6月3日 東西南北  聖市西部ブタンタンのサンパウロ総合大学(USP)構内の病院では、先週から医師たちのストが続いている。同院はここ数年、医師や看護師の解雇や病室の閉鎖などが続き、診察、入院などの数も減っている。今回の医師たちのストは給料調整を求めるためではなく、新しい医師などの充填を要請するため […]
  • 東西南北2015年12月1日 東西南北  デウシジオ上院議員逮捕にまつわる話題で先週から話題もちきりの伯国だが、そんな最中、ダッタフォーリャが18年大統領選に関するアンケートの結果を発表した。復帰を狙うルーラ前大統領は6月の調査と同じく2位(22%)だったが、1位のアエシオ・ネーヴェス氏(31%)も意外と差をつけられ […]
  • 東西南北2015年9月10日 東西南北  8日に聖州で降った強い雨は、主要6水系にも反映され、全水系で貯水率の上昇を記録した。降水量そのものも、最も少なかったカンタレイラでさえ、今年同水系が1日で記録した量としては最多となる45・8ミリで、最も降ったリオ・クラーロでは67・6ミリだった。月間累計でも、3水系が既に9月 […]