ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年4月24日付け

 22日にリベルタドーレス杯の予選リーグが終り、ブラジル5チームは全て準々決勝進出を決めた。クラブ創立100周年のコリンチアンスはフラメンゴとの自国内対戦で、それ以外は、サンパウロ対ペルーのウニヴェルシターリオ、クルゼイロ対ウルグアイのナシオナル、インテルナシオナル対アルゼンチンのバンフィールドの組合せ。全チームが8強戦を勝ち抜けば、サンパウロとクルゼイロが準決勝で対決。
     ◎
 カラカラ天気後、降雨を見てほっとした23日のサンパウロ市。だが、この雨をもたらした寒冷前線は、サンタカタリーナ(SC)やパラナの大雨を招いた張本人でもある。SCでは、21日からの雨が22日に強くなり、少なくとも10市で洪水などが発生し、23日も、高波や強風、豪雨が続いたようだ。パラナ州パウマスでは22日の雨が4月の平均降水量を超えたといい、州南東部などを中心に2千人以上が避難生活中。必要な所に必要なだけ降れと言っても無理なのは百も承知だが、降れば土砂降りも困り者。サンパウロ市でも洪水などの起きる可能性がある。せめて平穏な週末たれ。
     ◎
 23日に雑誌〃Forbes〃が発表した世界の大企業100社のリストで、ペトロブラスが25位から18位に躍進。ドル建ての年間販売額や利益、株価などを総合評価したもので、ブラジル企業では、51位にブラデスコ、52位にブラジル銀行、80位にVale、82位にイタウザが入っている。銀行が順位を上げた一方、Valeは78位から降格。世界レベルでも、ジェネラル・エレクトリックが2位に落ち、JPモーガン銀行が1位に進出。3位のアメリカ銀行、4位のエクソン・モービルまでは米国企業で、5位に中国工商銀行が食い込んだとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]