ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日の本頁で掲載したジカウイルス(ジカ熱)の問題だが、ネッタイシマカが媒介するジカ熱はブラジルから北上し、中南米やカリブ海諸国などに及んでいる。さらに、イギリス、デンマーク、イタリア、スペイン、ポルトガルなどからの旅行者がブラジルなどで感染して母国で発症。米国では中南米への旅行者の感染が19例確認されている。これを受け、米国のオバマ大統領が強い懸念を示し、同国保健省に対し、ワクチン開発に早急にとりかかるよう促しているという。米国では小頭症の赤ちゃんも誕生しているから、大統領の懸念のほどがうかがわれる。世界中23カ国で患者が確認されているジカ熱。恐ろしい事態になってきた。
     ◎
 PSDBからのサンパウロ市市長選出馬が有力視され、アウキミンサンパウロ州知事が支持を表明していることでも知られる企業家のジョアン・ドリア氏が27日、カルドーゾ元大統領とサンパウロ市で会談した。ドリア氏は2月28日に同党が行う予定の、サンパウロ市市長選の候補者予備選について確認するために元大統領を訪問したが、予備選は不可避のようだ。カルドーゾ氏は対抗のアンドレア・マタラッゾ氏を候補として推しているが、強要する意図はないという。注目の候補は誰に?
     ◎
 27日に降った強い雨の影響で、カンタレイラ水系の水位は15%を超え、15・3%に上がった。月間降水量も242ミリとなり、月間平均の9割を超えている。残り数日間で平均を超えるか否かが決まる。また、アウト・コチアでは60ミリを超える大雨が降ったことで、水位が遂に100%を超え、102・5%となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 東西南北2016年12月10日 東西南北  本日付本紙でも報じたように、ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事にオデブレヒトとの汚職疑惑が浮上した。これまではそうした噂が比較的少なく、10月のサンパウロ市市長選ではジョアン・ドリア氏の後ろ盾となって圧勝させたことで、「18年の民主社会党(PSDB)の大統領選有力候補」 […]
  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]
  • 東西南北2015年12月1日 東西南北  デウシジオ上院議員逮捕にまつわる話題で先週から話題もちきりのブラジルだが、そんな最中、ダッタフォーリャが18年大統領選に関するアンケートの結果を発表した。復帰を狙うルーラ前大統領は6月の調査と同じく2位(22%)だったが、1位のアエシオ・ネーヴェス氏(31%)も意外と差をつけ […]
  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]