ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日の本頁で掲載したジカウイルス(ジカ熱)の問題だが、ネッタイシマカが媒介するジカ熱はブラジルから北上し、中南米やカリブ海諸国などに及んでいる。さらに、イギリス、デンマーク、イタリア、スペイン、ポルトガルなどからの旅行者がブラジルなどで感染して母国で発症。米国では中南米への旅行者の感染が19例確認されている。これを受け、米国のオバマ大統領が強い懸念を示し、同国保健省に対し、ワクチン開発に早急にとりかかるよう促しているという。米国では小頭症の赤ちゃんも誕生しているから、大統領の懸念のほどがうかがわれる。世界中23カ国で患者が確認されているジカ熱。恐ろしい事態になってきた。
     ◎
 PSDBからのサンパウロ市市長選出馬が有力視され、アウキミンサンパウロ州知事が支持を表明していることでも知られる企業家のジョアン・ドリア氏が27日、カルドーゾ元大統領とサンパウロ市で会談した。ドリア氏は2月28日に同党が行う予定の、サンパウロ市市長選の候補者予備選について確認するために元大統領を訪問したが、予備選は不可避のようだ。カルドーゾ氏は対抗のアンドレア・マタラッゾ氏を候補として推しているが、強要する意図はないという。注目の候補は誰に?
     ◎
 27日に降った強い雨の影響で、カンタレイラ水系の水位は15%を超え、15・3%に上がった。月間降水量も242ミリとなり、月間平均の9割を超えている。残り数日間で平均を超えるか否かが決まる。また、アウト・コチアでは60ミリを超える大雨が降ったことで、水位が遂に100%を超え、102・5%となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • D熱ワクチン開発最終段階に=12州1万7千人に実用検査2015年12月15日 D熱ワクチン開発最終段階に=12州1万7千人に実用検査  ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は11日、サンパウロ市ブタンタン研究所(B研究所)で製造中のデング熱ワクチン(VD)は1度の接種で四つの型に効くと発表した。国家衛生監督庁も同日、B研究所にVD開発のための最終段階のテスト開始を認めたと12日付伯字 […]
  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]
  • サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!2018年2月3日 サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!  黄熱病などの原因にもなる蚊の対策費用の2017年分支出を、サンパウロ州政府、サンパウロ市役所が共に削っていたことがわかったと、2日付現地紙が報じている。  2017年の保健対策への費用の見積もりは、サンパウロ州で1億9100万レアル、サンパウロ市で1億4300万レアルと、共 […]
  • アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?2017年12月8日 アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?  来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボルソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番 […]
  • カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者2016年12月29日 カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者  ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事は26日、水不足対策として、貯水池の取水口より低い位置にあり、通常は利用できない予備の水(未開の水域)の水を吸い上げるために設置したポンプを、干ばつに悩む北東部のパライバ州とペルナンブッコ州での水不足解消のために貸し出す契約を締結し […]