ホーム | コラム | 樹海 | ほんのわずかな心の隙に

ほんのわずかな心の隙に

 連邦直轄区で12日、曽祖父の家に来ていた1歳7カ月の男児がプールに落ちて溺れ、心肺停止となったが、隣に住んでいる消防士が駆けつけ、直ちに救命措置をとったために助かるという事件が起きた▼家族での談話を楽しんでいた父親が水を取りに行って戻ってきたら息子の姿が見えず、慌てて探したらプールに浮いていたという。父親が飛び込んで救出したがもう息をしておらず、曾祖母の叫び声を聞いた消防士が駆けつけて蘇生術を施しても、なかなか息を吹き返さない▼駆けつけた救急隊がぐったりとした子供に酸素マスクをはめ、救命措置を続ける映像は見ている者をハラハラさせる。男児はやがて息を吹き返して泣き出したが、救急隊員らは最初に施した救命措置がなければ男児の命は失われていたと曾祖母に告げたという▼名前すら知らなかった隣人に曾孫の命を助けられた一家は、隣人を「時にかなって送られた保護天使」と評した。当の天使は男児が元気になったと知って満足したが、自分の名前を明かす事は望まなかった▼夏顔負けの暑さが続き、長期休暇に入った人も多いだけに、わずかな心の隙に生じる水の事故は要注意だ。幼子を水の事故で亡くし、その地域へは再び旅をしないという家族もいるし、今回のように奇跡的に助かる例もある▼様々な形のフェスタや、海岸や山に避暑に行く人も増える中、喜びの時を悲しみの時に変えぬ注意は不可欠だ。12日未明には、サンパウロ総合大学卒業生で4日未明、フェスタ帰りに4人組に襲われて頭蓋骨骨折の重傷を負ったベニシオ・レオン・フィーリョ氏が亡くなった。悲しみに沈む遺族には心の底から哀悼の意を表したい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 何気ない日常の尊さ2020年6月25日 何気ない日常の尊さ  ブラジル初の新型コロナ感染者確認から早4カ月。ブラジルでは24日朝の時点で5万2788人、世界中では47万4609人という、大きな犠牲者が出ている。  外出自粛などで感染拡大が終息した国、拡大中の国、感染再燃中の国など、実情は各国各様だ。だが、どの国でも共通する事の […]