ホーム | 文芸 | 連載小説 | パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄 | パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(8)

パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(8)

 この時ももしウインチが無かったら、どうしてそのような難所を渡れたかも解らなかったのである。かくしてペオンの案内で同地のある牧場の施設に辿り着き、主人は不在だったが、留守役のカパタス(管理人)の厄介になる次第となった。
 その牧場の位置、主人公等の名は今ではとても思い出せないが、どうもグアイラ県の旧ファサルディ農牧林産業会社の領域に属していた所ではないかと思える。
 ちなみに、ファサルディと云えば、戦前の日本人入植地調査の初期に一選択肢として検討されたと聞いた覚えがある。
 とんだジープの事故で、吾が入植適地予備調査のスケジュールは中途で頓挫した始末になったが、瀬川技師はこれまでの実地踏査の結果を、時間の予定もあるので、一足先にここからアスンシォンに帰って報告書の作業を急ぐ必要があると言う。
 よって、「では、幸いこの牧場には飛行場もあるので、アスンシォンに電報を打って迎えのテコテコ(エアタクシー)を寄越してもらいましょう」、てな事になった。今はどこでも簡単に携帯電話一つで済む話だが、当時は田舎に電話などは無く、トンツー式のモールス電信機がどこかの町か駅にあれば良い方だった。
 さて、ではその電報をどこから出せるか、牧場の管理人に尋ねたら、その地方ではちょっとしたサンフアン・ネポムセノまで行かねばダメだと言う。では、その町に行くにはここからどの位の時間が掛かるかといえば、馬で往復2日程との事だ。
 馬の話になったのは、ジープで行けば、ガソリンが減っていて、途中で燃料切れにでもなれば、それこそ面倒な事になると私は心配したからである。
 それで、瀬川、田中の両技師にはそこに残ってもらい、私はすぐにその日の午後、連れて来たペオンと一緒に、牧場の馬をそれぞれ借りて、サンフアン・ネポムセノの町へ出掛けた。
 馬は大変可愛い動物で、行くうちに間もなく日が暮れて夜中になったので、しばらくどこか良い場所で休もうと言って、ペオンに焚き火をさせて、野原の道だったがおとなしく寝転んだ馬の暖かいお腹を枕に綺麗な夜空の星を眺めながら少しウトウトした。
 そして、夜明け前にまた馬に乗って早朝サンフアン・ネポムセノ町に着き、開いたばかりの郵便局に駆け込み、早速振興会社アスンシォン支店宛に、『コレコレの事情により調査チームはジープの事故でドコソコのエスタンシア(牧場)で全員無事避難中。報告の要あり、瀬川チームリーダ救出のため明朝至急同エスタンシアへテコテコを差し回されたし』という意味の至急電報を打った。
 この後、しばらく振りのレストランでペオンをねぎらいながら朝食を摂り、必要量のガソリンとエンジン・オイルを調達してペオンの乗馬に載せ、急ぎエスタンシアへ戻った。
 首を長くして待っていた瀬川、田中両技師に支店には問題なく連絡が取れた報告をし、瀬川技師は明日の飛行機を待って帰アし、田中技師は私と共にその後ジープでアスンシォンへ帰る事になった。
 そこで、私は瀬川技師に相談し忠実に働いてくれたペオンをここで帰す事にし、相応の手当を払ってもらった。そして、牧場の管理人にも然るべき謝礼をした。アスンシォンの支店では私の電報に大分驚いたらしく、公使館にも事の次第が伝えられた。
 一方、例の頼んだテコテコの話は支店で午後は顧問として勤めていた大統領府のアグスティーナ・ミランダ女史が、大統領に話したものと見えて、翌朝飛んできたボナンサ単発機の操縦士は、ストロエスネル大統領お気に入りの某空軍少佐だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(9)2015年12月19日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(9)  この少佐の兵科は、元は空軍ではなかったのが、例の1947年の大革命中、政府軍の偵察機の偵察兵として搭乗し任務に当っていたが、ある日パイロットが敵弾で即死した為に、急遽自分で飛行機を何とか操って無事着陸し助かったというエピソードで有名な軍人だった。 それが病み付きで兵科を替えて […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(5)2015年12月15日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(5)  この辺一帯は鬱蒼としたジャングルで林相も良く、土地は一般にテラローシャ沃土で、河川は両岸が急勾配で高いのが特徴だったりして瀬川技師は感心していた。 ところがこの先の話が大変なオデッセイ(冒険談)になるのだが、いかに道なき道を走るためのジープだとはいえ、材木業者が作業に利用して […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(7)2015年12月17日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(7)  そこで、私はなるべく静かに運転台に座り注意深くギヤをバックに入れ安全な場所へ戻そうとしたが、さすがの四輪駆動も空回りで全然ジープは動かない。 仕方がないので私はエンジンを切って、何か対策の方法はないかと降りようとしたところ、ズルズルとジープは独りでに小川の底にドシーンと滑り落 […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(6)2015年12月16日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(6)  で、ペオンにその辺に寝る場所を適当に用意してもらい、一同牛缶で夜食を済ませ、ペオンには持参のカンニャ酒を振舞ってねぎらい、自分も飲んだ。 パラグァイの地酒カンニャは銘酒でブラジルのピンガに相当するサトウキビの蒸留酒だが、田舎の山の中で飲むとその雰囲気に良く合って、また一味違い […]
  • パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(4)2015年12月12日 パラグアイ=入植地調査よもやま話=坂本邦雄=(4)  なんの事とはない、私がチームの案内、通訳、運転の3役を受け持ったのである。そして、瀬川、田中両技師と街へ出て、食料品店で缶詰、飲み物その他雑多な10日分ばかりの用品を揃え、ジープの後ろの「フタ」を開いて、その上に速成した代用荷台に上手く積み込んだ。 この他にスコップ、アッチャ […]