ホーム | コラム | 樹海 | 勝ち負け抗争では負け組ばかりが犠牲になったと報じるのは正しいのか

勝ち負け抗争では負け組ばかりが犠牲になったと報じるのは正しいのか

勝組負組関連負傷・殺人事件一覧表

勝組負組関連負傷・殺人事件一覧表

 人気漫画家・小林よしのりの『新戦争論1』(2015年1月)で勝ち負け抗争について書いた章を読み、幾つか疑問を感じた。たとえば勝ち組による溝部事件と脇山事件に続いて《暗殺された者は、記録にあるだけでも23人を数えた》(364頁)と勝ち組だけが殺傷事件を起こしたかのように書く。多くのメディアも同様だ▼でも、この「23人」という数字は『移民80年史』の「勝組負組関連負傷・殺人事件一覧表」(170~1頁)に出たものが独り歩きしてしまった。同移民史は「認識派=被害者」が強調される論調であり、表の負け組側被害者数は47人だ▼でも、その表をキチンと見れば勝ち組被害者も「勝ち組40人余り」「島野ナミデ」ら計47人余り、つまり実は同数挙げられている。これで片方ばかり被害者扱いするのは公正だろうか。後世ならではの冷静な視点と検証が必要ではないか▼この表自体が怪しいと『百年の水流』(12年)で外山脩さんは疑い、《地方で起きた事件の中には、実際はテロを装った私怨による意趣返しではないか――と、地元の消息通から推測されていたケースが幾つかある》(303頁)と記す▼この表には、勝ち組だからという理由でDOPSで拷問された人の数は入っていない。臣道聯盟幹部だったというだけで監獄島に送られ、国外追放令まで出された人は被害者といえないのか―との疑問もわく。負け組を被害者として描こうとする心理自体に、同漫画が批判する《人は信じたい情報(=先入観)しか信じない》《人が知りたくない情報を載せても(メディアは)商売にならない》という心理が、そのまま働いている。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事2018年7月17日 いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事  いよいよ、明日18日に眞子さまがリオにご到着になる。19日にはパラナ州に足を運ばれ、21日からはサンパウロ、今週末は県連日本祭り、日本移民110周年式典だ。平均年齢が80歳前後とみられる一世の大半にとっては、10年ごとの大きな周年行事としては今回が「最後」だろう▼祭典 […]
  • 「眞子さま」という癒し2018年7月25日 「眞子さま」という癒し  「眞子さまのお言葉は僕らに癒しを与えてくれた。ブラジルに暮らしている僕らのことを、日本の人たちは忘れていないんだと思わせてくれた」。21日、県連日本祭りで110周年記念式典が終った直後、なにげなく参加者の声を会場で集めていたとき、小西ジューリオ武雄さん(60、二世)か […]
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載2017年11月22日 ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載  《私の一番の苦しい想い出は、姉があの事件のショックで恐怖症を患い、生涯、精神障害で苦しんだことです》――沖縄県人移民塾同人誌『群星(むりぶし)』第3号145頁には、そんな生々しい言葉がおどる。  「あの事件」とは、1943年7月8日、ブラジル政府の命令により24時間 […]