ホーム | コラム | 樹海 | 「O japonês da Federal」(連邦警察のあのジャポネース)

「O japonês da Federal」(連邦警察のあのジャポネース)

巨悪を眠らせない〃正義の味方〃のイメージが持たれている一方、どこかボンジーニョ(〃イイ奴〃)な石井ニュートン

巨悪を眠らせない〃正義の味方〃のイメージが持たれている一方、どこかボンジーニョ(〃イイ奴〃)な石井ニュートン

 「O japonês da Federal」(連邦警察のあのジャポネース)との言葉を聞いたことがあるだろう。本名は「石井ヒデノリ・ニュートン」、クリチーバ連邦警察におけるラヴァ・ジャット作戦の逮捕・連行部門の責任者だ。彼が逮捕した大物にはルーラの右腕ジョゼ・ジルセウ、〃ルーラの親友〃ブンライ、マルセロ・オデブレヒト(最大手建築会社社長)ら錚々たる面々だ▼サングラスに連警の紋章を胸につけて連行する様子が何度もニュースで放送された。連行するのが仕事なのに、妙にヒーロー的イメージを持たれ、正義の味方、民衆のアイドルになりつつある▼なんと今年のリオのカーニバルのマルシンニャ(行進曲)には彼を歌ったものも発表された。歌詞いわく「ああ、なんてこった、失敗したよ。うちのドアを叩くんだ、連邦警察のジャポネースが。気持ちよく寝てたのに、夜が明ける6時頃、大きな音を聞いた。ドアを開けたら、ジャポネースが言った。『こっちへ来い。お前はパラナ州への旅行が当たったぞ』。ああ、なんてこった」「俺は答えた。セニョールは間違ってる。俺はタダの労働者だ。ロビイスタでも、上院議員でも、下院議員でもないゾ!」というユーモラスな風刺がバカ受けしてネット上で沸騰中だ▼さらに北東伯オリンダのカーニバルで町を行進する巨大人形「ボネッコ・ジガンテ」にもこのジャポネースは登場すると報じられている▼カルタ・カピタル紙電子版によれば、石井さんは76年から連警に勤務するベテランで、パラグァイからの密輸に関係した容疑で03年に連警に逮捕されて一端は追放されたが、再び職務に戻った。出世街道から外れたジャポネースという経歴が、逆に庶民受けしているのかもしれない▼でもデウシジオ上議が逮捕されたきっかけとなった録音では「ジャポネース・ボンジーニョ(イイ奴)」とよばれ、彼が機密扱いの報奨付き証言をマスコミや関係者に漏洩している人物として出てくる。「漏洩してくれる」から〃イイ奴〃なのであり、当然、良い意味ではない▼〃正義の味方〃なら大歓迎だが、くれぐれも妙な意味で「ジャポネース」という言葉を流行らせないでほしいものだ。(深)

Marchinha(サンバ行進曲)「O japonês da Federal」歌詞は以下の通り
作詞=Dani Batisttone, Jabolinha e Tigrão
作曲=Thiago Vasconcellos de Souza


ああ、なんてこった、失敗したよ!
うちのドアを叩くんだ、連邦警察のジャポネースが(2回繰り返す)

気持ちよく寝てたのに
夜が明ける6時頃、大きな音を聞いた

ドアを開けたら、ジャポネースが言った
『こっちへ来い。お前はパラナ州への旅行が当たったぞ』
ああ、なんてこった、失敗したよ!(2回繰り返す)

心臓が縮みあがった俺は、答えた
『セニョールは間違ってる
俺はタダの労働者だ
ロビイスタでも、上院議員でも、下院議員でもないゾ!

ああ、なんてこった、失敗したよ!(2回繰り返す)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • もう一つのカーニバル。真打「ウニードス・ダ・ラヴァ・ジャット」登場?2016年2月6日 もう一つのカーニバル。真打「ウニードス・ダ・ラヴァ・ジャット」登場?  5日早朝、パラナ州都クリチーバの連邦警察拘置所から二人が、近隣の刑務所に移送されるとのニュースが流れた。政治評論家は《つまり、新しく誰かを捕まえるために空きを作った。昨年の例を考えれば、近日中に次のラヴァ・ジャット作戦が展開されるかも》とコメントした▼前回の同作戦は、南聖海岸 […]
  • なぜデウシジオ上議は突然釈放されたのか?2016年2月27日 なぜデウシジオ上議は突然釈放されたのか?  「ジョアン・サンターナ(ルーラ、ジウマの選挙参謀)逮捕以来、ブラジリアは完全に止まった。議会再開早々の最重要案件、社会保障改革も財政緊縮も、それどころじゃないといった感じだ」。26日朝のCBNラジオで政治評論家はあきれた様子で嘆いた▼正月はとっくに終わり、太陰暦の新年もすぎ、 […]
  • もしルーラの妻が司法取引に応じたら…2016年3月19日 もしルーラの妻が司法取引に応じたら…  ルーラは庶民の心に響く言葉を紡ぎ出す天才だ。野党時代の彼が88年に言った名言「貧乏人が盗めば刑務所だが、金持ちなら大臣になる」が先週から、皮肉を込めて見直されている。連邦警察から逃げるように17日、慌しく官房長官として入閣したからだ。これでジウマがいつ大統領罷免されても、第3 […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 樹海2015年3月3日 樹海  検察庁長官宅が1月末に賊に襲われ、同長官の身の安全を脅かすような情報がそれ以降続いている▼2月28日付の新聞報道は、連警のラヴァ・ジャット作戦(LJ)で名前が挙がった政治家達が起訴される事を嫌う何者かが動いたとの印象を与える。ロドリゴ・ジャノー長官は自宅が襲われた事とLJ […]