ホーム | コラム | オーリャ! | 聖市に息づく、英国式スポーツクラブ

聖市に息づく、英国式スポーツクラブ

SPACラウンジにはクラブの歴史を伝える調度品が

SPACラウンジにはクラブの歴史を伝える調度品が

 聖市南部サントアマーロに、今年の伯国ラグビーMVPに輝いた、日系女性選手を訪ね取材してきた。
 取材場所は彼女の所属チーム、サンパウロ・アスレティック・クラブ(SPAC)のラウンジ、1888年創立の由緒あるチームだ。
 19世紀末期に英国人が創立したこのクラブはサッカー、ラグビーチームがある。20世紀初頭は聖州でも無敵を誇ったが、その後プロ化を拒み、アマチュアチームとして生きる道を選んだ。
 世が世ならSPACこそ、伯国一の優勝回数を誇り、南米制覇、世界制覇を果たしていたかも知れないが、魑魅魍魎のうごめくプロサッカー界、権謀術数に破れ、消滅していた可能性も否定できない。
 スター選手も巨大なスタジアムもないが、伝統を守り、地元の人々に愛され、ラグビークラブからは五輪代表選手さえも輩出する。百年前の決断が吉とでた。(規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 6月21日サントスFC対コリンチャンス戦の試合後監督会見にて。サントスFC代行監督セルジーニョ2015年6月24日 「俺がルールだ。文句あっか!」  試合取材の一幕――記者証を見せても、サッカー場の係員は「有効期限切れだからダメ」と断固入場を拒否。「必ず更新するから今日だけ見逃してよ」と言っても取り付くしまなし。仕方なくチケットを買ったが、今度は一般客の入場規定に引っかかり「紙類、ペン類、傘は没収」ときた。 […]
  • サッカーを通じた多文化共生事業2017年1月14日 サッカーを通じた多文化共生事業  「伯人サッカークラブ大泉」の存在意義は大きい。7人制競技ソサイチの話だ。チームは関東リーグ初代王者を目標に掲げるが、それよりも大事なのは、運営方針にある「共生」というキーワードではないか。 […]
  • 四世ビザ解禁への期待高まる2016年10月7日 四世ビザ解禁への期待高まる  CIATEが実施した三、四世への意識調査(5日付け詳報)は、興味深い結果が出た。例えば、20~40代の回答者約500人のうち、約100人は四世と答えた点だ。  つまり働き盛りの若者のうち、四世が2割を占める時代になったのだ。その100人のうち、なんと85人ほどが「訪日就労に […]
  • もっと観戦会を企画しては2016年8月12日 もっと観戦会を企画しては  10日夜に文協で行なわれた、リオ五輪男子サッカーの観戦会は大いに盛り上がった。でも、どこかお行儀がよく、もっと鳴り物を入れて大騒ぎをしてもいいぐらいだと感じた。 とはいえ、日系人や駐在員、親日伯人という様々な層が一体となって応援している様子には、とても好感が持てた。残念なのは […]
  • 巻き添えで臭い、臭い催涙ガスを喰らう2016年7月20日 巻き添えで臭い、臭い催涙ガスを喰らう  先日見に行ったサッカーの試合後に、ファンが暴れ、軍警と騒動を起こした。帰りのバスは立ち往生し、催涙ガスがバスの中まで入って涙が止まらず酷い目にあった。 呆れたのは騒動の理由だ。入場できなかった過激なファンが、敗色濃厚で試合終了前に席を立った一般ファンに、「なぜ最後まで死ぬ気で […]