ホーム | 日系社会ニュース | 援協会費、一部5%値上げ=SMA救急は本格稼動へ

援協会費、一部5%値上げ=SMA救急は本格稼動へ

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)による12月定例役員会が17日、同会本部で開催された。援協の財務状況やサンパウロ州サンミゲル・アルカンジョの救急診療所などについて報告が行われた。
 11月の退会数者は88人、新規入会が3人で会員数は9425人。会費については役員、法人会員の5%引き上げが提案、承認された(個人会員は昨年同様100レアルのまま)。
 イナウグラソンを12月5日に行ったサンミゲル・アルカンジョ病院内の救急診療所について、当初の予算内で工事が完成したことを報告。サンパウロ州の地区保健委員会などの許可が下り、以前は対応していなかった外科手術が可能となった。1月末頃から開始される。
 菊地会長は「地域の人々に受け入れられ、運営も機動に乗っていくだろう」と展望を語った。また同診療所の完成に伴い、立ち上げのために結成されていた病院建設委員会の解散が承認された。
 会計報告では佐々木弘一理事が、「11月度は援協全体で約500万レアルの利益を出した」と説明。「日伯友好病院以外の収支は約60万レの赤字だが、友好病院の収入によって補われている。全体で見れば大きな黒字」と話し、経営状態が良好であることを強調した。
 またサントス厚生ホームは、改修工事が完成したと報告された。日本国際協力財団の神内良一理事長から、特別資金援助を受けて発足した「神内プロジェクト」の一環。これでカンポスさくら、あけぼの両ホームを含む、3施設の改修が全て完了したことになる。
 最後に監査役の交代や、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟の協力により来年3月に『第1回イペランジアホーム支援慈善歌謡祭』を開催することが報告された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • 追悼=神内良一さん死去=サンパウロ日伯援護協会の恩人=個人で最高、援助総額11億円=南米日系人を隠れて支援=移住者に寄り添った人情家2017年7月18日 追悼=神内良一さん死去=サンパウロ日伯援護協会の恩人=個人で最高、援助総額11億円=南米日系人を隠れて支援=移住者に寄り添った人情家  戦後移民が最盛期を迎えた1959年、移住者受入援護の為に創設された日本移民援護協会。これを前身に「サンパウロ日伯援護協会」は創立し、以来その時々の社会的要請に応えながら、現在では福祉医療部門併せて12事業所を有し、安定した財政運営を行なう日系社会最大の団体へと成長した […]
  • ■訃報■管野鉄夫さん2017年6月15日 ■訃報■管野鉄夫さん  サンパウロ日伯援護協会評議委員会で第一副会長を務めていた管野鉄夫さんが、12日午後、膵臓癌のためサンパウロ市内の病院で亡くなった。享年88。  1929年1月14日、福島県伊達市生まれ。58年にサントス丸で渡伯し、サン・ジョゼ・ドス・カンポス市内で米作や馬鈴薯栽培などに従事 […]
  • ウニメジ倒産問題=焦付き890万レ回収不能=援協、貯蓄で乗り切る=熊本地震の義援金受付開始2016年5月5日 ウニメジ倒産問題=焦付き890万レ回収不能=援協、貯蓄で乗り切る=熊本地震の義援金受付開始  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)は4月23日午後、『第56回定期総会』を本部5階の神内ホールで開催。タウバテ、ソロカバなどの遠方参加者を含め約80人が出席し、昨年度の事業と決算報告、今年度の事業計画案と予算案が承認された。日伯友好病院への支払いを滞納していた医療保険会社 […]
  • 新理事会のメンバー2014年10月31日 援協評議員会=菊地義治会長の続投決定=来年も堅実な運営めざし  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)が25日、本部神内ホールで「第8回定期評議員会」を開催した。2015年度事業計画および予算案、理事会・監事の新役員が単一シャッパ(候補者連記名簿)で承認された。来年度も菊地会長が続投することが決定した。 同会長は「55年前、援協がこれ […]