ホーム | 文芸 | 連載小説 | チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽 | チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(4)

チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(4)

 「寄生木」第一号は原稿用紙を二つ折にし華絵の美しいペン字の行書で出された。昭和二十一年の秋であったと記憶する。
 左に覚えている歌だけ記す。
  棉の芽は未だ幼し降る雨の激しくなれば気がかりて来ぬ
        華絵
  しめやかに雨降る夜半をちろちろと床下になくこおろぎの声

        飯島 清
  まぎらせどままにはならぬ玉突きのなおいらだたし紅白の玉
  吾妹子の小指の傷を見てやりつつほのかに通うぬくみうれしも

        富岡 芳子
  この年も変らでさくら咲きけると故国の友の便り待たるる

        同 美津子
  墓守に四百レース、プレゼントして墓のとびらの鍵をかりけり

        鈴木千代吉
  滝落つる水の飛沫のぬれ岩に昼日の差して苔青く見ゆ

        藤田 朝寿
  パラソルをさして乗りたる乙女らのカヌーは岸をいま離れゆく
  去年来しときに飛びいし白鷺よ今年は見えず何方去にしか

 千代吉作の「滝落つる」は華絵が激賞した作品である。千代吉は現在モジ・コッケーラ九キロで悠々自適の生活を送っている。
 華絵の都合上「寄生木」は第二号から私が編輯を受けもつことになった。
 第二号は飯島政夫の追悼号となった。政夫は闘病のため作歌を中断していたのである。前記の飯島清の兄に当たり、私にとって政夫は兄弟子である。
 マアちゃんの愛称で村の人に好かれていた。
 また音楽に才のある人でチエテ移住地の音楽は飯島兄弟によって始まった、と言ってよいくらいである。
 政夫の死は村の人々に惜しまれた。

      飯島兄の死を悼みて    朝寿
  もろこしの穂の出でそめし夏半ば君はかえらぬ人となりたり
  逝きましし君を想えばもろこしの葉ずれの音もうら寂しかり

 追悼号には吉川順蔵も出詠した。順蔵は俳人であった。青年達に刺激されて投稿、作品の追悼歌は、華絵が激賞したが一首も思い出すことが出来ない。
 チエテ産業組合がカレンダーに載せる標語(採用十二点)を募集したとき
順蔵の応募した作品が三点入選して村の人を驚かせた。

  大海に航路あり、我らに組合あり
  人はいさ何と言わうと我が家は組合利用で鼻は高いぞ

 右の作品から推して順蔵の詩才の程がよく分かる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(12)2016年1月30日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(12)  周りに誰もいないベンチに腰かけて勢い話は本のことになる。何と言っても今日の掘り出し物は「金子薫園の短歌の作り方」と私が言えば、いや 谷崎潤一郎の「文章読本」もいい、と品次君が言う。 ウニオン区の青年たちが見おとしてくれたお蔭で我々の手に入ったのは運が良かった、と喜び合うのであ […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(10)2016年1月28日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(10)  祖母も起き出しておくどさんに火を燃やしている。ゴーゴーとコーヒー豆を挽く音がする。やがて祖母は大きなカネッカにコーヒーを注いで持ってきてくれる。 七月の朝寒に飲む熱いコーヒーは香りも高く何ともいえぬ旨さだ。 馬を曳き出して鞍を置き荷物をとり付けていると、蹄の音が聞こえてきた。 […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(11)2016年1月29日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(11)  常日頃欲しいと思っていた本がある。 「万葉集評釈 江戸時代和歌評釈」「子規・節・左千夫の文学」佐々木信綱の「豊旗雲」谷崎潤一郎の「文章読本」「朗吟名詩選」福沢諭吉の「人生読本」バルザックの「この心の誇り」選んだ本を千代吉さんに持って行く。彼は品次君と吉川君が選んだ本を手帳に記 […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(8)2016年1月23日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(8)  「次は第二句だ。いいかね。人山ヒトノテノヒラに、この第二句は解読するのに時間がかかったが苦心してやっと解くことが出来た。人山人は、仙人のことだ。人べんに山は仙だ。仙の下に人があるから仙人となる。次は手のヒラだ。『仙人掌』でサボテンと云うことが解った次第。宝クジはサボテンに針で […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(7)2016年1月21日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(7)  しばらく草書の字を見つめていた私は「何と読むのですか?」と尋ねると、「私にも読めないのよ。主人が生きていてくれたら、このような字は訳なく分かったのに」と言われるのであった。 華絵の亡夫、甚一は能書家であると共に文学の嗜みの深い人であった。 「志津野荘一」のペンネームで昭和十二 […]