ホーム | 文芸 | 連載小説 | チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽 | チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(11)

チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(11)

 常日頃欲しいと思っていた本がある。
 「万葉集評釈 江戸時代和歌評釈」「子規・節・左千夫の文学」佐々木信綱の「豊旗雲」谷崎潤一郎の「文章読本」「朗吟名詩選」福沢諭吉の「人生読本」バルザックの「この心の誇り」選んだ本を千代吉さんに持って行く。彼は品次君と吉川君が選んだ本を手帳に記入しながら恵比須顔である。
 珍しい本では山鹿素行の「中朝事実」が有ったので、これも買うことにする。

 「中朝事実」は乃木大将が愛読した本で殉死する前の日に参内し、摂政宮(大正天皇)に献上した曰くある本、片っ端から見てゆくうちに、あった!
 この本一冊あれば短歌の勉強が出来る。私が見出したのは金子薫園の「短歌の作り方」であった。早速三人に見せると、喜びの表情を顔に出すのであった。
 二つの大きなボール箱は本で一杯になった。
「千代吉さん、お金は大丈夫か?」と小声で私が尋ねると、「心配するな 有り金全部持ってきたから、この本は買うなら今だ。邦人千二百家族を有するチエテ移住地だ。後、十日もすればこの本は全部売り切れだ。欲しいと思う本は一冊でも多く買っておけ」と嬉しいことを言ってくれる。
 偖、此所で本購入の資金のことに就いて一と言ふれておく。この度の本購入の資金は親から出た金ではない。我々八組の青年が紀元二千六百年祭を記念に〇・一アルケールの畑に、月一度の日曜日を利用して共同作業、又は交替制で棉を植付けて儲けた金がたんまりあったのである。
 本を購入しても、まだ一コントス余の金が有ったが、一九四九年、千代吉さんの伯父、田中儀一氏が戦後第一回目の訪日の折、広島の原爆見舞金に持って行って貰った。
 日本円で一万円は海外同胞からの見舞としてはナンバー1であったと聞く。
必要と思う本は全部揃えることが出来たのでストップする。
 奥さんに店が閉まる頃に来ます、と言って表に出る。時計を見ると十一時五十分である。ビックリ食堂の前に行くと大内君と鈴江君が待っていた。
 六人の青年が店に入ったので主の愛想がいい。メーザを前に腰かけて待っていると、六人分の定食がメーザ一杯に出る。
 ここで又、千代吉さんから注意がある。
「夕食はサンドイッチで済ますから、よく噛んでゆっくり腹いっぱい食べるように」となかなか芸のこまかいことを言う。
 さすがに彼は大家族の(四夫婦で総勢二十数人)一員だけあってもの事をよく心得ている、と感心する。
 早起きをしてコーヒーを飲んだだけで来ているので皆腹ペコである。
 何を食べても美味しい。十二分に食べて暫く休んでから店を出る。
 会計の千代吉さんが支払いを済ませて出て来たので皆で商店街を歩く。
 大きな反物店は伯人で他の商店はみな邦人である、
「オイ こんなに揃って来ることは滅多にないから記念写真を撮っておこう」と品次が言う。品次君は高山写真館の一家とは同船者だという。

 彼はモジアナのオンダベルデから昭和十五年、私の父が所有していた土地二十アルケールを購入して移って来たのであった。
 高山さんと私は、アレグレ区の原始林の近くにあったトタン屋根の大きな収容所に暫くの間一緒に生活した仲であり、入植二年目に高山さんの土地は父が購入し浅からぬ縁がある。
 久しぶりでお会いした高山さんは大喜びで私たちを迎えて下さる。記念の写真を撮り、コーヒーを呼ばれてから、公園へ行き時間をつぶす。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(12)2016年1月30日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(12)  周りに誰もいないベンチに腰かけて勢い話は本のことになる。何と言っても今日の掘り出し物は「金子薫園の短歌の作り方」と私が言えば、いや 谷崎潤一郎の「文章読本」もいい、と品次君が言う。 ウニオン区の青年たちが見おとしてくれたお蔭で我々の手に入ったのは運が良かった、と喜び合うのであ […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(7)2016年1月21日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(7)  しばらく草書の字を見つめていた私は「何と読むのですか?」と尋ねると、「私にも読めないのよ。主人が生きていてくれたら、このような字は訳なく分かったのに」と言われるのであった。 華絵の亡夫、甚一は能書家であると共に文学の嗜みの深い人であった。 「志津野荘一」のペンネームで昭和十二 […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(10)2016年1月28日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(10)  祖母も起き出しておくどさんに火を燃やしている。ゴーゴーとコーヒー豆を挽く音がする。やがて祖母は大きなカネッカにコーヒーを注いで持ってきてくれる。 七月の朝寒に飲む熱いコーヒーは香りも高く何ともいえぬ旨さだ。 馬を曳き出して鞍を置き荷物をとり付けていると、蹄の音が聞こえてきた。 […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(8)2016年1月23日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(8)  「次は第二句だ。いいかね。人山ヒトノテノヒラに、この第二句は解読するのに時間がかかったが苦心してやっと解くことが出来た。人山人は、仙人のことだ。人べんに山は仙だ。仙の下に人があるから仙人となる。次は手のヒラだ。『仙人掌』でサボテンと云うことが解った次第。宝クジはサボテンに針で […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(6)2016年1月20日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(6)  昭和初期のチエテ移住地で、開拓に明け暮れた移民妻の哀歓を叙情豊かに歌いあげた華絵作品は二十四歳から三十歳までの歌であることを想うと華絵がコロニア短歌界に残した足跡は大きい。 椰子樹編集長の清谷益次は近年、日伯毎日紙に、特に華絵短歌を採りあげて三回に亘って歌評したことはまだ記憶 […]