ホーム | 文芸 | 連載小説 | チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽 | チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(10)

チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(10)

 祖母も起き出しておくどさんに火を燃やしている。ゴーゴーとコーヒー豆を挽く音がする。やがて祖母は大きなカネッカにコーヒーを注いで持ってきてくれる。
 七月の朝寒に飲む熱いコーヒーは香りも高く何ともいえぬ旨さだ。
 馬を曳き出して鞍を置き荷物をとり付けていると、蹄の音が聞こえてきた。
 私はオーバーを着、祖母に「行ってきます」と声をかけ手綱を左手に取り、鐙に片足をかけ一気に飛び乗り馬上の人となった。
「気をつけてなー」と祖母は門に出て見送ってくれる。
 全員揃った。「お早う」「お早う」の挨拶も、いつもと違って皆元気がある。
「忘れ物はないな?」「ない」五時半。時間励行。「一列縦隊出発!」最年長者である千代吉さんの号令だ。
 「敵中横断三百里」の建川中将のような気持で千代吉さんを先頭に朝寒の道をマルシャで行く。今日の行程は片道二十八キロである。

 昭和十九年頃のチエテ移住地は邦人に對する官憲の圧迫、取調べもなく、一行六人は安心してペレイラ市へ行く事が出来た。
 ペレイラ市の隣接区ウニオンに着いたのは十時前であった。ウニオン区の高台の道から街の家並が赤く見える。
 此所から鈴蘭商店は一キロ位の距離である。
 緩い下り坂を行くと街の入り口に小川がある。馬を乗り入れてそれぞれ水飼い、市内の馬置き場に行き杭にしっかりと馬をつなぐ。
「千代吉さん、役割を決めた方がいい」と品次君が提案する。
「ウン、そうしよう。狭い部屋に六人も押しかけることはない。大内君と鈴江君は馬の係りになってくれ。十一時過ぎには馬に餌を与えてから「ビックリ食堂」の前で待っていること。本選びの方は書物に明るい君達三人に頼む。俺は三人が選んだ本の書名と定価を記入することにする」
「ヨシ、これで決まった。さあ行こう」と大内君と鈴江君を後に、四人は鈴蘭商店へ向かった。
 鈴蘭の奥さんは、目ざとく私を見つけて「藤田さん、早かったのねえ。でも貴方たちは二番乗りよ。一番乗りはウニオン区の青年たちでした」と言われる。
 ウニオン区は市の隣接地だから早いのは当然だが、私たちは移住地の一番奥のアレグレ区から片道二十八キロを来て二番乗りが出来たことは、奥さんのご好意のたまものです、と厚く礼を述べる。
「アノネー、皆さん、本は奥の部屋に置いて有ります。お隣が外人さんだから大きな声を出さないように、低い声で話して下さい。それから帰るのは店が閉まって大通りに人影がなくなってからにして下さい」と言われる。
「ハイ、分かりました。そうします」と言って奥さんに従いて奥の部屋へ行く。
 高窓から差しこむ陽の光で明るい。
 部屋に一歩足を踏み入れて見ておどろいた。本だ。おびただしい書籍の山だ。
 私はブラジルに来て、これだけ沢山の本を見るのは初めてだ。
 チエテ青年連盟所有の図書も可なり有るが、迚もとても比べ物にならない。
 全部新本である。思わず喜びの声が出そうになるのをやっと堪えて後ろの三人を見て目と目でうなづき合って喜びの表情を示す。
「では、貴方たちゆっくり見て下さい。選んだ本はこの大きなボール箱に入れて置いて下さい。今日は他には誰も来ないから安心して沢山買って行って下さい」と言って奥さんは店に行かれた。
 サアーこれから本選びだ。こんなにも沢山有ると目移りして選ぶのも困難だ。
 落ち着かねば、と私は心に言ひ聞かせてから選び始める。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(12)2016年1月30日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(12)  周りに誰もいないベンチに腰かけて勢い話は本のことになる。何と言っても今日の掘り出し物は「金子薫園の短歌の作り方」と私が言えば、いや 谷崎潤一郎の「文章読本」もいい、と品次君が言う。 ウニオン区の青年たちが見おとしてくれたお蔭で我々の手に入ったのは運が良かった、と喜び合うのであ […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(7)2016年1月21日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(7)  しばらく草書の字を見つめていた私は「何と読むのですか?」と尋ねると、「私にも読めないのよ。主人が生きていてくれたら、このような字は訳なく分かったのに」と言われるのであった。 華絵の亡夫、甚一は能書家であると共に文学の嗜みの深い人であった。 「志津野荘一」のペンネームで昭和十二 […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(11)2016年1月29日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(11)  常日頃欲しいと思っていた本がある。 「万葉集評釈 江戸時代和歌評釈」「子規・節・左千夫の文学」佐々木信綱の「豊旗雲」谷崎潤一郎の「文章読本」「朗吟名詩選」福沢諭吉の「人生読本」バルザックの「この心の誇り」選んだ本を千代吉さんに持って行く。彼は品次君と吉川君が選んだ本を手帳に記 […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(8)2016年1月23日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(8)  「次は第二句だ。いいかね。人山ヒトノテノヒラに、この第二句は解読するのに時間がかかったが苦心してやっと解くことが出来た。人山人は、仙人のことだ。人べんに山は仙だ。仙の下に人があるから仙人となる。次は手のヒラだ。『仙人掌』でサボテンと云うことが解った次第。宝クジはサボテンに針で […]
  • チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(6)2016年1月20日 チエテ移住地の思い出=藤田 朝壽=(6)  昭和初期のチエテ移住地で、開拓に明け暮れた移民妻の哀歓を叙情豊かに歌いあげた華絵作品は二十四歳から三十歳までの歌であることを想うと華絵がコロニア短歌界に残した足跡は大きい。 椰子樹編集長の清谷益次は近年、日伯毎日紙に、特に華絵短歌を採りあげて三回に亘って歌評したことはまだ記憶 […]