ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | ブラジル紅白歌合戦に参加して=福岡県粕屋郡在住 綱脇徹平

ブラジル紅白歌合戦に参加して=福岡県粕屋郡在住 綱脇徹平

 私がブラジル紅白歌合戦に審査員として参加するきっかけになったのは藤瀬圭子さんとの出会いがあったからです。
 私の祖父は日本の国策で溶鉱炉を設計するエンジニアとしてブラジルに勤務しておりました。そんな祖父が約40年前、飛行機事故で亡くなりました。
 25回忌の時に父と圭子さんのご主人・千賀人さんと繋がりがあってお会いし、そのご縁から私と圭子さんはこの何年か日本とブラジルでのメール友達でもあります。
 そんな圭子さんがサンパウロの舞台で司会業をやっている事を知ったのはつい最近で、ブラジルの紅白歌合戦を是非とも観てもらいたい!とのお誘いを受けました。
 山側では初雪が降り始めていた日本の福岡県から出発すること33時間、お尻の痛みにも耐えながら、やっと着いたサンパウロはとても暑く、スーツで参加した紅白当日は汗だくになっていました。
 ブラジル紅白歌合戦は参加者全員がとても明るく、終始華やかな雰囲気に包まれており、パワフルでお客さんにも活気があり、それはもう熱いステージです。
 特に特別番組の『歌でつづる戦後70年』に選ばれた道田エジソン氏をはじめとするプロ級の歌手たちの素晴らしさは、歌に込めた各人の想いや歌唱力は勿論、日本人の私が『日本よりも日本らしさを感じる』とても感動するものでした。
 若輩者の私でも戦後の情景を感じ、どのような歌が当時の人々を勇気付けてきたのか、肌で感じることが出来ました。
 日本で行われている流行歌手が出てくるだけの紅白とは意味が違い、後世に残すメッセージとしても大変意味のあるコーナーだったと思います。素晴らしかったです。

ブラジル紅白歌合戦

 私自身、祖父との繋がりで出来たブラジルとの関係。未だ勉強中ではありますが、日本との外交関係樹立120年の今年、開拓民として渡った日本人の方々の想い、またその苦労を、ほんの少しではありますが、この紅白を通してお聞きすることも出来ました。
 これからも日本とブラジルの『心の懸け橋』になっているブラジル紅白歌合戦を続けていただき、広く日本の真心を歌の力で伝え続けていただきたいです。
 最後に、主催者のNAKブラジル日本アマチュア歌謡連盟の北川ジュリア会長、そして見事な指揮でフィナーレを飾った北川朗久先生、ありがとうございました。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄2016年10月26日 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄  今日では薬草や野菜類が健康に良いと、ブラジルの雑誌などにも沢山書かれており、非日系人の間にもだんだん知られ普及してきたようです。  この薬草ですが、誰にでも効くものと、人によっては効かないものがあるようです。自分に合わないと思ったら、色々試して合うものを見つける必要があると […]
  • 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹2016年6月8日 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹  珍しく早起きして、ソファで血圧を計っていると電話がなった。早朝に電話がなるのはお葬式の話と決まっているので、恐る恐る受話器を取る。「オレオレ。未だ寝てた?」アチバイアのMさんだった。 「聞いて驚くなー」人をビックリさせるあの独特の抑揚。同船者で病気の人って誰だっけ?それとも元 […]
  • 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹2016年8月19日 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹  ブラジル事情に詳しくて、いつも新聞や実業雑誌に投稿されていたAさん。街でお会いすると、いつも向こうから声を掛けて来られ「元気ですか」と挨拶される。私の人生の師であった。 […]
  • 想い出を暖めて「オートバイの旅」=クリチーバ 田口さくお2016年2月4日 想い出を暖めて「オートバイの旅」=クリチーバ 田口さくお  息子とオートバイの旅に出た。行先はクリチーバ市から約2百キロ、グァラキサーバという港町。息子の友達夫婦との4人旅、グラショウザ街道を降り、アントニーナ市から砂利道を走ること約1時間。砂利道の本道から約10キロのところに『サルト・モラト』という滝がある。 ここは『グルッポ・ボチ […]
  • ニッケイ新聞と日系=サンパウロ 吉野功努雄(てつお)2016年3月1日 ニッケイ新聞と日系=サンパウロ 吉野功努雄(てつお)  ニッケイ新聞土曜日の『国際派日本人養成講座』を興味深く読んでおります。『日本文化』も読みましたし、親戚にも送りました。本や新聞は一人でも多くの人に廻して読むように務めております。幸い今ではXEROXの機械が沢山あり、良い記事はコピーして皆んなに配っております。 『日本文化』は […]