ホーム | コラム | オーリャ! | ブラジル人でもしない「年2回カーニバル」

ブラジル人でもしない「年2回カーニバル」

 2月はブラジルでカーニバル、8月は浅草カーニバル―日本から時間、お金をやりくりして数カ月も滞在し、当地にドップリ浸かっているサンバ愛好家らと交流を持つ機会があった。ブラジル人でもしない「年2回カーニバル」生活を10年以上続けるツワモノも。
 「生の圧倒的な音楽、リズムを浴びて、思い切りダンスへの情熱を表現する快感は止められない」と練習会の終わった深夜3時半、聖市北部の裏路地で熱っぽく語る表情は輝いていた。
 日本では、数カ月も仕事を休んで職場に戻れることはほぼ無く、それぞれに工夫してこの今の生活を実現している。リオ、聖市を合わせてそんな日本人は十指では効かない。独立心が強いようで、徒党を組む事を良しとしないのも特徴か。
 とはいえ、楽器もダンスも禁欲的にひたすら練習する日本人の選抜サンバ隊の雄姿を、去年の120周年記念パレードで見たかった。(規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 見事写真は撮れたけど2016年3月2日 見事写真は撮れたけど  ブラジルは臨機応変が大事!?――先日、リオ市内のカフェでサンバダンサーをする日本人女性を取材したが、やはり本番の格好を撮影しないと雰囲気がでない。 気軽に「じゃ、写真はパレード開始前に待機所で」と約束をしたものの、ゲート前で警備員に厳しく詰問され「関係者以外は立ち入り禁止」と […]
  • オーリャ!2015年2月21日 オーリャ!  青森県五所川原市から運ばれた立佞武多が出陣した聖市カーニバル。20日晩にもチャンピオンパレードを繰り広げて行進は終わったが、実はこの事業は続いている。 廃棄処分の可能性があるねぷたの行方自体もそうだし、公式サイト(tatinepta-project.jp)ではいまも募金を […]
  • オーリャ!2015年2月20日 オーリャ!  先日、カーニバル取材のためにリオを訪れた。夕方、ブロッコが練り歩き、ごった返すフラメンゴのカテーテ通りを歩いていると、スボンの前ポケットに何やら妙な感触が。サッと振り向くと13、4歳位の少年一人が、財布を抜き取り走りだすのに気がついた。 何も考える間もなく反射的に手が伸び […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 《ブラジル》ロック・イン・リオ2019前半のハイライト=ドレイクのトラブルから大統領批判コールまで2019年10月1日 《ブラジル》ロック・イン・リオ2019前半のハイライト=ドレイクのトラブルから大統領批判コールまで  9月27日から、リオ市のシダーデ・デ・ロックで、通算8回目となるロック・イン・リオが開催されている。連日、10万人の観客を沸かせて話題を呼んでいるが、その最初の週末、9月27~29日のハイライトを振り返ってみる。  初日は、トリを務めたカナダのラッパー、ドレイクの行動が物議 […]