ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 連邦検察庁のデウタン・ダラグノール検事が22日に、バンデイランテス局のラジオのニュース番組で語ったところによると、ラヴァ・ジャット作戦で逮捕されている建設大手オデブレヒトの元社長、マルセロ・オデブレヒト氏が裁判にかけられた場合、罪状を合計すると、その刑期は2千年に及ぶ可能性があるとの見解を示した。もちろん、そんなに長く生きることのできる人間は存在しないため、求刑の際は「100年未満」になるだろうとのことだ。仮に100年未満になったとしても、よほどの減刑がない限り、終身刑と同義だろう。どれだけの罪状が重なったのやら。
     ◎
 17日に聖市イビラプエラ公園で行われたダンス・イベント「ロレジーニョス・ド・ベイジョ」で2件の強姦事件が発生し、ロレジーニョの開催が問題視されている。このイベントは、「恋人がいない人」を参加条件とし、恋の出会いの場を設けるということなのだそうだが、それだけに、見ず知らずの人物から危険な目にあう確率も必然的に高まると可能性もある。聖市内では同種のイベントが2月までにあと6件予定されており、うち4件はショッピング・センターでのゲリラ開催だという。
     ◎
 25日は、聖市の462回目となる誕生日、つまりは市制開始記念日ということになる。あくまで市の休みで、州や国全体のものではないが、月曜日ということで、聖市民にとってはクリスマスや元旦が明けて間もない時期に早くも3連休というのはうれしいところ。そして2週間もすれば今度はカーニバル。休み気分は抜けにくいか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年1月8日 東西南北  議会や最高裁が休みの間もラヴァ・ジャットの疑惑は浮上してきているが、官房長官や聖市市長、ペトロブラス総裁という、捜査対象になかった人物への疑惑を一気に広めた意味で、レオ・ピニェイロ氏のメッセージは目が離せないものとなった。同氏はかねてからルーラ前大統領のことを「ブラーマ」とい […]
  • 東西南北2017年3月21日 東西南北  17日に行われた連邦警察の「カルネ・フラッカ作戦」は、その開始のインパクトに関して言えば、静かな始まり方だったラヴァ・ジャット作戦の何十倍も国民に大きなショックを与えた。それもそのはず。ブラジルの食文化と言えば、やはり肉食。大きな串に刺したピッカーニャの薄切りを食べる姿は、サ […]
  • 東西南北2017年2月8日 東西南北  モラエス法相がテメル大統領によって最高裁の新判事に指名されたことが6日夜のブラジルの話題を独占した。国民の多くは、ラヴァ・ジャット作戦が「なんとか国民の多くが納得する形で進んでほしい」と強く願っているだけに、少しでも懸念されるような要素があると国民も気が気でないのだろう。特に […]
  • 実際は暗い国ブラジル?=不安障害や鬱病の多さは世界有数2017年2月25日 実際は暗い国ブラジル?=不安障害や鬱病の多さは世界有数  ブラジルではこの週末、世界的にも有名なリオ・デ・ジャネイロ市でのパレードなど、全国各地でカーニバルのイベントが佳境に入る。「陽気な国ブラジル」のイメージを国際的に植えつけるカーニバルだが、実はブラジルがそれほど明るい国ではないことを裏付けるデータが入ってきた。  国連の世界 […]
  • 捕り物劇の度にTVに映っていた日系警官は何者?=ニュートン・イシイ氏減刑に2016年10月22日 捕り物劇の度にTVに映っていた日系警官は何者?=ニュートン・イシイ氏減刑に  政界汚職事件捜査、ラヴァ・ジャット(LJ)事件の特捜の度に、逮捕、拘束された政治家や企業家の連行役を務め、再三そのシーンがTVに流れたために、〃連警の日本人〃のあだ名で呼ばれるほど有名になった日系人警官のニュートン・イシイ氏。同氏は密輸幇助で有罪判決を受けたが、刑務所の空きが […]