ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■三重県人援護協会 初代会長・川村久賀須さん

■訃報■三重県人援護協会 初代会長・川村久賀須さん

 三重県人援護協会の元会長の川村久賀須さんが24日、病気のため亡くなった。享年98。
 三重県川添村(現・大台町)に生まれ、両親とともに28年サントス丸で渡伯し、リンスに入植。自身は雑貨の卸売り店を開くなど、一時商業に従事した。60年代には針治療の勉強のため日本に渡り、帰国後はパウリスタ大通りに診療所を開き、専門家として多くの治療に携わった。
 仕事の傍ら、67年から三重県海外協会のブラジル支部長を務め、70年に現在の三重援協に改められた際も初代会長に就任。74年まで務めるが、その間三重県と聖州の友好関係締結や、その記念として建設されたリベルダーデ区グロリア街「三重県橋」の開通式にも立ち会った。
 葬儀は既に営まれており、初七日法要が31日午後2時から聖市の西本願寺(Rua Changua, 108, Saude)で執り行われる。四十九日法要は未定。問い合わせは娘のリリアさん(11・98650・2406)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」2016年6月21日 108年目の移民の日しめやかに=文協で開拓先没者慰霊法要=「煩悩や数珠と同じ数。もう一周?」  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着してから108年――朝から日伯司牧協会によるサンゴンサーロ教会での慰霊ミサ、県連主催の先没者慰霊碑前の法要に続き、午後からブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(コレイア教伯会長)による「開拓者先亡者追悼法要」が同 […]
  • 多羅間俊彦さん2015年5月12日 多羅間さん初七日にお言葉=両陛下や皇太子ご夫妻等から=宮内庁から侍従が伝える  「多羅間殿下」とコロニアで親しまれていた明治天皇の孫、多羅間俊彦さんの初七日ミサが4月21日に行われたが、その前に、天皇皇后両陛下をはじめ皇太子殿下ご夫妻、秋篠宮ご夫妻からお悔やみの電話があり、さらに三笠宮さまや久邇宮家からも御供花があったことが分かった。多羅間アリッセ未 […]
  • 文協=先駆者慰霊ミサで幕開け=日本人移民108周年行事2016年6月11日 文協=先駆者慰霊ミサで幕開け=日本人移民108周年行事  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は日本移民108周年を記念し、今年も移民の日前後に各種行事を行なう。詳細は次の通り。 18日午前8時より『先駆者慰霊ミサ』、サンゴンサーロ教会(Praça Dr. João Mendes, 108 […]
  • ■訃報■ウジツール旅行社社長 石井公男さん2015年6月2日 ■訃報■ウジツール旅行社社長 石井公男さん  ウジツール旅行社、ウジカルガス運輸の社長の石井公男さんが肺がんのため5月30日正午ごろ、入院先のサンタカタリーナ病院で亡くなった。享年76、二世。 ACALの理事、広島県人会の会計理事を務めた。 葬儀は5月31日午前、コンゴーニャス墓地で行われた。初七日法要は西本願寺(R […]
  • ■訃報■池森敏子さん2014年9月9日 ■訃報■池森敏子さん  ロベルト・ノリオ学校山内和子校長の実母で、憩の園のボランティア教師を8年間務めた池森敏子さんが6日午前9時ごろ、老衰のため聖市タトゥアペ区の自宅で亡くなった。享年100。 14年2月4日、大阪生まれ。16歳で聖州セッチ・バーラスに家族移住し、洋裁に励んだ。夫は広島県人会会 […]