ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 憩の園に入居する人々の人生を文章、写真、俳諧で綴った「黄昏乃稔り」。写真家のルイス・バーロスさんは、本の制作に携った感想をハイカイに残している。「少し開いたドアの隙間から 人生におけるすべての感情が ゆっくりと通り過ぎていった」。幼少期に来伯した一世、伯国生まれの二世らが、家族や仕事、恋愛について語り、それを目の前で聞くかのように、美しい写真とともに味わうことができる一冊。非売品だが、同園へ寄付をした人に進呈する予定とのこと。希望者は同園へ問い合わせを。
     ◎
 メンバーが群馬県育ちの日系ブラジル人アイドルグループ「リンダ3世」が5日、新曲「パラレルナミダ」を発表。ネット販売の「amazon. co.jp」などで購入することができる。日系人は「日伯の架け橋」とよく言われるが、デボラ延寿、国吉メリッサ、非日系の演歌歌手・エドアルドなどの両国にルーツを持つ歌手たちは、まさに日伯をつなぐ役割にふさわしい。ぜひ五輪応援歌も発表してほしいところ。彼らが活躍すれば、在日外国人に厳しい目を向けられる現在の日本で、少しは印象が良くなるかも。
     ◎
 五木ひろしの聖市講演の映像を収めた番組「五木ひろしコンサートINブラジル 34年ぶりの悲願…そして涙の約束」がBS朝日で1日に日本で放送されていた。HPによれば、コンサートに加え、憩の園とコロニア・ピニャール(福井村)の訪問映像も収めていたよう。しかも「また来ます」の声もしっかりと放送、これで日本の皆さんも証人になった。本編を見たいところだが、今のところ動画サイトには投稿されておらず、放送局にも動画視聴のサービスはない。まあ気長に待てば、そのうちピラッタが出回るかも…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]