ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 憩の園に入居する人々の人生を文章、写真、俳諧で綴った「黄昏乃稔り」。写真家のルイス・バーロスさんは、本の制作に携った感想をハイカイに残している。「少し開いたドアの隙間から 人生におけるすべての感情が ゆっくりと通り過ぎていった」。幼少期に来伯した一世、ブラジル生まれの二世らが、家族や仕事、恋愛について語り、それを目の前で聞くかのように、美しい写真とともに味わうことができる一冊。非売品だが、同園へ寄付をした人に進呈する予定とのこと。希望者は同園へ問い合わせを。
     ◎
 メンバーが群馬県育ちの日系ブラジル人アイドルグループ「リンダ3世」が5日、新曲「パラレルナミダ」を発表。ネット販売の「amazon. co.jp」などで購入することができる。日系人は「日伯の架け橋」とよく言われるが、デボラ延寿、国吉メリッサ、非日系の演歌歌手・エドアルドなどの両国にルーツを持つ歌手たちは、まさに日伯をつなぐ役割にふさわしい。ぜひ五輪応援歌も発表してほしいところ。彼らが活躍すれば、在日外国人に厳しい目を向けられる現在の日本で、少しは印象が良くなるかも。
     ◎
 五木ひろしのサンパウロ市講演の映像を収めた番組「五木ひろしコンサートINブラジル 34年ぶりの悲願…そして涙の約束」がBS朝日で1日に日本で放送されていた。HPによれば、コンサートに加え、憩の園とコロニア・ピニャール(福井村)の訪問映像も収めていたよう。しかも「また来ます」の声もしっかりと放送、これで日本の皆さんも証人になった。本編を見たいところだが、今のところ動画サイトには投稿されておらず、放送局にも動画視聴のサービスはない。まあ気長に待てば、そのうちピラッタが出回るかも…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第7位=日系歌手が大きな飛躍=デビューや凱旋に喜び2016年12月27日 第7位=日系歌手が大きな飛躍=デビューや凱旋に喜び  当地からプロデビューを目指して旅立ち、日本での成功をつかみつつある日系人歌手の活躍も目立った。その筆頭は非日系の演歌歌手エドアルドさん(33)だ。10月に2作目を発表し各地の公演に汗。先日の日本有線大賞では見事、新人賞に輝いた。 […]
  • 移民110周年に、第2回のど自慢ブラジル大会を!2016年10月14日 移民110周年に、第2回のど自慢ブラジル大会を!  当地のカラオケ熱は世界一だろう。指導者も多いし、大会は毎週のようにある。そんな業界からマルシア、エドアルドが日本へ飛び出した。  亜国からは大城バネサがプロとして活動している。本人曰く、「年4回ほどしか大会がない」という同国から日本へ渡った珍しい例だ。  それに比べ当地の […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  サンパウロ市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコ […]
  • 南東軍総司令官が日本館訪問=「友情と友愛の絆を深めた」2020年11月27日 南東軍総司令官が日本館訪問=「友情と友愛の絆を深めた」  「歴史ある日本館で、日系コミュニティーと共に過ごし、友情と友愛の絆を深められました」――17日にサンパウロ市イビラプエラ公園内の日本館を訪れたブラジル陸軍南東司令部の総司令官エドゥアルド・アントニオ・フェルナンデス大将は、そう乾杯の音頭をとった。同館を見た同大将は、「 […]
  • 速報=サンパウロ市議は3人が再選=イビウナでササキ市長2020年11月17日 速報=サンパウロ市議は3人が再選=イビウナでササキ市長  サンパウロ市議は日系現職4人のうち、病気治療中の大田正高サンパウロ市議(PSB)だけが落選した。55市議中、日系最多は得票数で22位のゴウラルト・ハヤシ・ロドリゴ氏(PSD)の3万1462票、33位の羽藤ジェオルジ氏(MDB)の2万5595票、続いて34位の野村アウレリオ氏( […]