ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ネッタイシマカ=ボウフラ駆除剤に問題?=アマゾンでバイオ製品開発

こちらの記事もどうぞ

  • 両国関係を新しい段階に=「日伯交流の展望」セミナー=サンパウロ州工業連盟と人文研2016年2月26日 両国関係を新しい段階に=「日伯交流の展望」セミナー=サンパウロ州工業連盟と人文研  サンパウロ州工業連盟(FIESP、パウロ・スカッフィ会長)とサンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)が日伯外交樹立120周年を記念した「日伯交流の展望」セミナーを22日に同連盟講堂で開催し、約200人が終日、ブラジル人企業家の視点から見た両国協力関係の今後や、日系人の貢献な […]
  • 《ブラジル》コロナの感染検査より容易に=携帯型の検査器、承認間近2020年9月9日 《ブラジル》コロナの感染検査より容易に=携帯型の検査器、承認間近  新型コロナウイルスの感染拡大抑制のために不可欠とされたPCR検査が、より簡便化される可能性が出てきた。  オズワルド・クルス財団とVisuri社が共同開発した携帯型検査器が、国家衛生監督庁(Anvisa)の承認を待つばかりになったのだ。  携帯型検査器はOmniL […]
  • サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に2020年2月13日 サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に  サンパウロ州保健局が8日、1月に感染が確認されたデング熱患者は1万890人おり、死者も2人出たと発表した。  死者が出たのは、内陸部のプレジデンテ・ヴェンセスラウ市とオズワルド・クルス市だ。  1月に感染が確認された患者の40%以上は、10市に集中している。内訳は […]
  • 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響2020年1月16日 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響  ブラジルでジカ熱が流行し始めた2015年以降、ブラジルの研究者達が、妊婦がジカ熱に感染すると小頭症の子供が生まれる可能性が高い事に気づき、世界中がその後の研究に注目し始めた。  ブラジルのリオ連邦大学の研究者と英国のオックスフォード大学の研究者は、10日に発表した論 […]
  • 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ2020年1月10日 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ  2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番 […]