ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 総合塗料メーカーの関西ペイントが、ブラジルで虫よけ塗料を販売するという。15日付け日本経済新聞が報じた。中南米で蚊の媒介により流行しているジカ熱への対策として、虫よけ機能のある塗料を今春(日本)にも販売するという。日本から大手殺虫剤メーカーはまだ進出していないようなので、成功すれば大きな味方に。リオ五輪を控える日本選手団だけでなく、一般市民も救われる?
     ◎
 『ぶらじる川柳』208号(荒井花生主幹)が2月10日に発行された。「初夢は税金ゼロの国に住み」(鈴木甘雨)の句には、約40%もの税金を払わされているのに相応のサービスはなしという現実ゆえに痛烈な共感。「耳にタコ苦労話も尾鰭つけ」(上川好秋)も充実した老後を過ごすユーモア移民らしい作品か。「好かれよう頑固かくすも老いの知恵」(久保久子)はサル知恵ならぬ老いの知恵。「アンショーバの塩焼き故郷身近にし」(堀内のぼる)もほのぼの。「不景気に五輪の旗もなえたまま」(大城戸節子)なだけに、「ロテリアの大当たり出て目が覚めた」(甘雨)は納得の一句か。今年も同川柳社の活躍に期待。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避2016年12月29日 ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避  小頭症の子供が増えているのは、妊婦がジカ熱にかかった事と関係がありそうだ―。15年8月にブラジル北東部の医師が警告を発して以来、出産、妊娠が可能な年齢層の女性やその関係者を中心に、ジカ熱感染を懸念する声が高まっている。  同年11月からは保健省も実態解明に力を入れ始め、世界 […]
  • 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども2016年12月27日 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども  2016年はブラジルにとっても激動の1年だったが、8日付G1サイトが、フェイスブックで読まれた記事のデータを基に、この1年間、国内で最も話題となったものを「10大ニュース」の形でまとめている。 […]
  • 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも2016年12月27日 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも  半年前に迎えた中南米大陸初の祭典。1位はやはり、リオでのオリンピック・パラリンピックだ。開幕前から工事遅延、治安、ジカ熱と不安が高まる報道が目立った。大統領弾劾が重なるような混迷期だったが、邦人被害を含め大きな事件、事故もなく無事に閉幕。ブラジル特有のホスピタリティで成功 […]
  • 東西南北2016年8月25日 東西南北  リオのエドゥアルド・パエス市長は23日、リオ五輪開催中に、同市の医療機関に診察を受けに来た人たちの中には、ジカ熱の疑いのある人は1人もいなかったと発表した。同市長によると、開催期間中、8681人が医療機関に診察に訪れ、その内の2133人が観光中の外国人だったが、ジカ熱の疑いは […]
  • 東西南北2016年8月23日 東西南北  長い準備期間を経て開催されたリオ五輪も、2週間強の競技を終え、遂に終了した。開幕前は、やれラヴァ・ジャットだ、経済危機だ、大統領罷免だと騒がれ、ジカ熱に関しては国内外でも不安を煽る報道がされるなど、落ち着いている暇もなかったが、日程が進むにつれ、意外な競技でのメダル獲得や、お […]