ホーム | コラム | オーリャ! | ジカ熱対策は女子ラグビーに学べ

ジカ熱対策は女子ラグビーに学べ

 ジカ熱の恐怖は当地よりも、日本で大きく報道されている印象だ。日本の友人、家族からは「ジカは大丈夫?」「もう帰ってきたら?」とまで言われる始末。
 先週来聖した女子ラグビー日本代表チームの冨田選手に話を聞くと、「凄く危険なイメージを持ってきたが、当地の人が半袖で普通に暮らしているのでビックリした」とか。選手らも、こまめに虫除けスプレーをする以外は普通に生活できているとの事。
 五輪出場選手のジカ対策は、日本五輪委(JOC)も相当神経を尖らせているはず。最重要案件と言ってもよいだろう。
 日本で耳にする情報と、現地を体験した感覚が大きく異なるのは良くあることだ。使い古された言葉だが「百聞は一見にしかず」。日本ラグビー協会は他種目の協会、JOCと積極的に情報共有して欲しい。(規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために2016年1月12日 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために  ボウフラが湧いた―野外の水溜りではなく、我が家で数日放置したコップの中である。わずかな水があれば蚊は繁殖することを痛感させられた。 〃冬を知らない〃リオでは五輪期間の8月でも蚊が活発で、感染対策が必須だ。罹患患者の血液を吸った蚊が、他の人を刺すことでデング熱、チクングニア熱、 […]
  • ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避2016年12月29日 ジカ熱が怖くて諦める?=56%の女性が妊娠回避  小頭症の子供が増えているのは、妊婦がジカ熱にかかった事と関係がありそうだ―。15年8月にブラジル北東部の医師が警告を発して以来、出産、妊娠が可能な年齢層の女性やその関係者を中心に、ジカ熱感染を懸念する声が高まっている。  同年11月からは保健省も実態解明に力を入れ始め、世界 […]
  • 東西南北2016年8月25日 東西南北  リオのエドゥアルド・パエス市長は23日、リオ五輪開催中に、同市の医療機関に診察を受けに来た人たちの中には、ジカ熱の疑いのある人は1人もいなかったと発表した。同市長によると、開催期間中、8681人が医療機関に診察に訪れ、その内の2133人が観光中の外国人だったが、ジカ熱の疑いは […]
  • 東西南北2016年8月23日 東西南北  長い準備期間を経て開催されたリオ五輪も、2週間強の競技を終え、遂に終了した。開幕前は、やれラヴァ・ジャットだ、経済危機だ、大統領罷免だと騒がれ、ジカ熱に関しては国内外でも不安を煽る報道がされるなど、落ち着いている暇もなかったが、日程が進むにつれ、意外な競技でのメダル獲得や、お […]
  • 五輪応援団の野次に苦情=ネットの悪口に泣く選手も=熱狂や興奮以上に成熟必要2016年8月11日 五輪応援団の野次に苦情=ネットの悪口に泣く選手も=熱狂や興奮以上に成熟必要  リオ五輪開始5日目の9日、外国人選手や報道関係者が伯国の応援団の野次や騒音に苦言を呈しているとアジェンシア・ブラジルが報じた。 観客席が騒がし過ぎて苦情が出たのは水泳、卓球、バスケットなどだ。8日の女子バスケット伯国対日本戦では、絶え間なく続く伯国側応援団の野次に日本側応援団 […]