ホーム | 日系社会ニュース | 舛添知事も訪問予定=都友会新年会に70人
出席者で記念撮影
出席者で記念撮影

舛添知事も訪問予定=都友会新年会に70人

 東京都友会(坂和三郎会長)が先月31日ニッケイパラセホテルで「新年会」を開催し、会員ら約80人が参加した。
 坂和会長は聖州と東京都の友好関係締結25周年、外交120周年を迎えた昨年を振り返った上で、申年にちなみ「木から落ちないよう、慢心せずに一歩ずつ着実に歩んでいきましょう」と挨拶した。
 舛添要一都知事も祝辞を寄せ、「本年は次期開催都市の首長として、オリンピック旗・パラリンピック旗を引き継ぐためにリオ・デ・ジャネイロを訪問する予定。この歴史的な機会に向けて、引き続きブラジル・東京都の更なる友好関係の強化に取り組んでまいります」とした。
 坂和会長は知事来伯に向け、「都友会として何か交流できる行事を開催したい」との意向を示した。
 なお、会には藤間流の舞踊も披露され、カラオケやくじ引きもあり、賑やかに新年の門出を祝った。中前隆博在聖総領事も出席した。

image_print

こちらの記事もどうぞ