ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 24日付け6面でお知らせした、日本の偉人に焦点を当てる広島県人会の講演会。テーマの一つである「村上水軍」についてネットで調べたところ、ミニスカートをはいた(いかがわしい)少女のアニメ画像がチラホラ。荒れ狂う海の上で戦う勇ましい男たちの姿を勝手に想像したのだが、どうやら「村上水軍」という名で活動する成人向けイラストレーターが存在するらしい。どんな着想からこの名前にしたのだろうか。19日付けで掲載したダンサーマサシさんの言う通り、日本はやはり壊れかかっているのか…。
     ◎
  今年の4月10日に宮城県人会館で、同船者会を開催する計画が持ち上がっている。1960年4月9日にサントスに到着した「あるぜんちな丸」の青年らだ。今まで3回行なわれており、80人ほど出席者があるという。佐藤吉之助、佐々木憲輔、伊下碩哉の3氏は「昔話に花を咲かせましょう。賛同する人はお気軽にご連絡ください」と呼びかけている。問合せは佐藤さん(11・5928・2940)、伊下さん(同・3712・0571)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 59年8月のあるぜんちな丸=50年目で集まろう!=8月2009年6月13日 59年8月のあるぜんちな丸=50年目で集まろう!=8月 ニッケイ新聞 2009年6月13日付け  一九五九年八月十三日にサントス港へ到着した第四回あるぜんちな丸の同船者会が、八月十六日午前十時よりリベルダーデの群馬県人文化協会会館(サンジョアキン街526)で開かれる。 […]
  • 栃木県人会60周年盛大に祝う=母県から慶祝団20人迎え=福田知事「皆様は県民の誇り」2018年7月24日 栃木県人会60周年盛大に祝う=母県から慶祝団20人迎え=福田知事「皆様は県民の誇り」  ブラジル栃木県人会(坂本アウグスト進会長)は19日午前、サンパウロ市の同会館で創立60周年式典を開催し、福田富一県知事をはじめとする母県からの慶祝団20人に加え、会員約150人が出席して盛大に祝った。  日本移民110周年ということもあり、福田知事に加え […]
  • 59年4月着のあめりか丸=第41回同船社会、23日に2017年4月12日 59年4月着のあめりか丸=第41回同船社会、23日に  1959年4月23日にサントス港へ到着した移民船「あめりか丸」の『第41回同船社会』が、23日午前11時からリベルダーデ区の群馬県人会(Rua Sao Joaquim, 526)で開催される。会費50レ、申し込みは15日まで。 […]
  • 大耳小耳2016年8月11日 大耳小耳  神戸の日伯協会機関紙『ブラジル』972号が7月に刊行された。9月のパラグアイ日本人移住80周年出席をひかえて、眞子内親王殿下が7月15日に移住ミュージアムを2時間余りご視察されたとか。11月19日には同協会創立90周年記念式典を予定。興味深いのは9月24日午後2時半からの90 […]
  • 大耳小耳2016年6月15日 大耳小耳  戦後初の練習艦隊でサントスへ入港した橋勝雄さんは現在、米国「倫理の会」会長も務めている。ロサンゼルスで庭園業を行いながら、県人会などの集まりでは「羅府らふ亭勝助」の高座名で落語を披露する。今回は当地の同会の招聘で4度目のブラジル来訪だ。取材に同席したブラジル倫理の会の須郷清孝 […]