ホーム | 日系社会ニュース | コチア青年2世・3世の会=第1回会議を開催、13日
来社した皆さん
来社した皆さん

コチア青年2世・3世の会=第1回会議を開催、13日

 昨年60周年を盛大に祝った戦後移住者最大の集団「コチア青年」に、万を辞して青年部組織が発足することになった。コチア青年二世の飯星ワルテル連邦下議自らが会長となり、『コチア青年2世・3世の会』を発足、第1回会議を開催することとなった。13日午前9時から、コチア市役所講堂(Rua Batista Cepelos, 91 – Centro, Cotia)で行なう。
 1955年9月にサントス港に着いたコチア青年109人から、67年のさくら丸までの12年間、約50回の渡航が行なわれ、戦後移住者として最大2508人が海を越えた。今や平均年齢80歳となり、若い世代へのバトンタッチが課題となっていた。
 発足する同会の主なテーマは、農業の力を再び盛り上げること、日本の文化や教育を若い世代に引き継ぐこと。二世代表として、伊勢脇聖史さんが経営について講演し、日本に留学した三世がその経験を話す。
 そして飯星下議が会の今後について話す。その後、参加者の意見を聞く時間も持たれる。参加無料で基本的にポ語のみ。
 案内に来社した杓田ルシアナさん、白浜直美さん、明日幸さんは「コチア青年という名前を守り引き継ぎたい」と話し、「集まりが大きくなれば、日本とのつながりを強め、研修制度などを活発化できる可能性もある。第1回目なので、皆が何をしてほしいと考えているのか、まず意見を集めたい」と参加を呼びかけた。
 問い合わせは杓田さん(電話=11・99911・4484/同・99189・1290、メール=lmshakuda@uol.com.br)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 発足したばかりの『コチア青年2世・3世の会』では、会員のメリットになることを模索中だ。杓田ルシアナさんによると、会社経営や農業について専門家の講義を録画し、会員がインターネット上で見られるようにする計画もあるという。会議も基本的にフェイスブックなどを活用し、ネット上で行なう方針に。若い世代の集まりが成功すれば、他の日系団体も大いに参考になるのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日伯つなぐ我らの歴史=夢と希望抱いて海越え=コチア青年連絡協議会 会長 前田 進2015年9月19日 日伯つなぐ我らの歴史=夢と希望抱いて海越え=コチア青年連絡協議会 会長 前田 進  コチア青年移住第一陣109名が、大きな夢と希望に燃えて養国ブラジルの大地に一歩を記して60年の歳月が流れた。ここで我々、コチア青年の生い立ちを振り返って見たい。 コチア産業組合は戦後の労働力不足による組合員農家の生産力減退を防ぐことと、既にサンパウロ市周辺の農業は、略奪原始農 […]
  • 59年4月着のあめりか丸=第41回同船社会、23日に2017年4月12日 59年4月着のあめりか丸=第41回同船社会、23日に  1959年4月23日にサントス港へ到着した移民船「あめりか丸」の『第41回同船社会』が、23日午前11時からリベルダーデ区の群馬県人会(Rua Sao Joaquim, 526)で開催される。会費50レ、申し込みは15日まで。 […]
  • ■ひとマチ点描■ア・マッシャード最後の一世2016年5月10日 ■ひとマチ点描■ア・マッシャード最後の一世  以前、サンパウロ州アルバレス・マッシャードを訪れた際、松本一成(いっせい)さんが案内してくれた。コチア青年として1955年に移住、現在も農業を営む。 来年百周年を迎える伝統ある同地へ、最後に移住した日本人であり、最後の一世となった。日系団体会長を10年務め、名誉市民に。「敬老 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  サンパウロ市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコ […]
  • アメリカ丸同船者=来月45周年式典開催へ2004年3月27日 アメリカ丸同船者=来月45周年式典開催へ 3月27日(土)   一九五九年四月二十三日サントス着の「アメリカ丸」の同船者は渡伯四十五周年を祝う式典を、四月二十五日(日)午前十一時からヴァルゼン・グランデ・パウリスタ日本人会会館で行う。第二十七回の同船者会を数える今回は、特別にマナウス、ブラジリア、ミナス、パラ […]