ホーム | 文芸 | 連載小説 | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo) | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(27)

「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(27)

「外人は、セット料金しか払わないのが多いの。たまに女の子を指名するけど、ボトルを入れないし、長い時間いても金離れが悪いから、店にとっていい客じゃないってことかなー。日本人の客だったら、カイシャの・・・何てったっけ、そう、『セッタイヒ』とかいうのを使ってさ、セットに入ってない高級なお酒を何本もとってさ、パーっとお金を使ってくれるわ」
「でも、外人は、店が決めたやり方で、お得な料金で楽しんでんだから、別に悪いことしてないよね」
「まあ、聞いて。ここからが本当の理由。実はねー、こんな店に来る外人って、女の子の扱いがうまいの。日本人の男と違ってさ、優しくて紳士的だし、話題は豊富だし、当然英語はうまいし。フリーで初めて来た外人に口説かれて、その気にさせられちゃう子も多いわ。外人と外でつき合い始めて、それっきり店に来なくなった子も何人もいたらしいわ。店にとっては、ケチでスケベな外人の客は迷惑なのよ」
「なるほど。そうすると、外人みたいに振舞う日本人も、店にとってはいい客じゃないということか」
「でもね、あたしー、商売抜きでお酒飲むなら、外人みたいな男がいいな~。日本人の、特に、カイシャの男っていうのはサイテー。女の子に名刺渡して、自分はどこそこの偉い人間だとか、自慢するの。カイシャの金使って、高いボトルとって、女の子をたくさん呼ぶけどさ、話はつまんないし、自分たちだけで仕事の話なんか始めたりして、しらけるんだよね~、もう・・・」
 それから本題に入り、この店で数年前に人気ホステスだった「エバ」という女について、知る方法がないか聞いてみた。
「この間、電話で言ったけどさ、昔のことだったら、ベテランのお姉さんに聞くのがいいんだけど・・・、今日はあまりいないねー。あっ、エレーナさんがいる。ほら、あそこ。壁際に立って、店の若いのと話してる人。」
「今、フリーなら、呼んでくれるかな」
「いいけどさー、場内指名料と・・・あの人しっかりしてるから、ボトルとらされちゃうよ」
「まあ、情報提供料だと思えば仕方がないか」
 ジュリアーナに呼んでもらった白いドレスの女は、ペルーから来た日系人だった。小柄な体に「赤ちゃん肌メイク」が決まって、若く見えるが、実際の年齢は30以上か。
 女は、私の顔をチラッと見るなり、ジュリアーナの方に視線を移してささやいた。
「あらっ。外人さん?」
「いえ、違うの。みんな、ジュリオさんって呼んでるけど、南米で儲けてきた日本人よ。あたしのアミーゴ(友達)」
「ホント~! はじめまして。エレーナです。よろしくお願いしま~す。ワタシ、ラティーノ(ラテンの男)みたいな人ダーイ好き。お隣にいいですか?」
その女は、返事を聞く前に、私の横にピッタリと座った。そばで見ると、小悪魔的なかわいい顔をしているが、目が何かを企んでいる。
 ジュリアーナは、先輩のお姉さんに遠慮してか、向かいのソファに移動した。
 妖艶なセニョリータ(女の子)たちと、気の利いた会話をしたいが、今日は「トドス・アミーゴス(みんな友達)」の会の代表のつもりなので、「公私混同」はしないと決めていた。
 私は、さっそくエレーナに、以前クラブで働いていた、源氏名をエバというホステスについて知らないか尋ねた。
「エバ? あっ、カロリーナですね。もちろん覚えてますよ。私も彼女も、南米出身で仲良くしてましたから。えーっと、話すと長くなりますから、シャンペンでもどうですか?」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)2016年4月26日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)  人数が増えたので、別のテーブルに移動して、全員ゆったりと着席。オーダーはシュラスコ食べ放題のコースと決めていたので、それぞれ飲み物を注文し、再会を祝して乾杯した。「今日は、ご招待ありがとうございます。彼、日曜日はいつも東京に踊りに来るので、一緒に来ようということになって、つい […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49)2016年4月27日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49) 「リカルドは、誰かさんと違って、家族の愛情に恵まれて育っただけ幸せだよ」「木村社長は、相変わらず金儲けに忙しいのでしょうか? 死んだカロリーナがあの人に残したメッセージのことは忘れたのかな・・・」「忘れてないよ。結局、人生で一番大切なのは、金とか社会的な地位がなくなっても、最後 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47)2016年4月23日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47) 「私がこんなことを言うのも何ですが、今回、仕事でいろいろお話をお伺いして思ったんですが、社長には、誰か心の支えになってくれる人が必要じゃないですか? それは、家族、友人、あるいは恋人かもしれませんが、身近にいて、社長のことを本当に愛して考えてくれるような人ですよ。私、社長より長 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(45)2016年4月20日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(45)  リカルドが、また興奮して話し出した。「社長は、自分の都合で婚約者を捨てたのでしょう? もう何の役にも立たないと思って。カロリーナを捨てた時と同じだ。政治家の娘なら利用価値があるけど、ただのオヤジの娘じゃ、あなたにとって何のメリットもないですよね」「いや・・・それはちょっと違い […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)2016年4月21日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)  酒とクスリの相乗作用で完全に盛り上がった二人は、疲れを知らずに踊りまくり、カロリーナは群馬のアパートに帰ることをすっかり忘れてしまった。「二人ともたっぷり汗をかいたところで、外の新鮮な空気を吸いたくなってディスコから出ました」「それから?」「二人で腕を組んで、六本木の街をさま […]