ホーム | 日系社会ニュース | リオでジカ熱説明会=在留邦人から質問相次ぐ

リオでジカ熱説明会=在留邦人から質問相次ぐ

 【リオ・デ・ジャネイロ共同】ブラジルでジカ熱の感染が拡大していることから、日本の国立感染症研究所昆虫医科学部の沢辺京子部長らが14日、リオ・デ・ジャネイロで日本人向けに現状や対策を説明した。ワクチンがなくウイルスを媒介する蚊を避けることが最善と強調した。
 約40人の参加者からは「リオ五輪が開かれる8月には感染が収まるのか」「感染した場合、どのぐらいたったら妊娠しても大丈夫なのか」といった質問が相次いだ。
 沢辺氏らは「(8月には)大規模な流行は落ち着くが、なくなりはしない」との見通しを示し、妊娠に関する質問には「(具体的な)数字を提示するのは難しい」と答えた。
 同様の説明会は感染が特に深刻な北東部レシフェで12日に開かれたほか、サンパウロなどでも行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館2016年7月6日 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館  【リオ・デ・ジャネイロ共同】8月のリオ五輪で多くの日本人が応援に訪れることを見込み、在リオ・デ・ジャネイロ日本総領事館はこのほど「安全の手引き」を作成した。ブラジルの治安の悪さは世界有数で、期間中に窃盗や強盗被害が出るのは避けられない情勢。同館は日本語訳付きの被害申告書をウェ […]
  • 一部競技から支援要請も=サンパウロ市で第2回リオ五輪会合2016年6月22日 一部競技から支援要請も=サンパウロ市で第2回リオ五輪会合  在聖総領事館や日系団体などで構成されるリオ五輪サンパウロ連絡協議会が8日午後、第2回会合を行なった。リオの治安やジカ熱などの懸念事項について近況報告がなされ、来伯選手団の受け入れや観戦に訪れる邦人保護について話し合われた。 翌日、中前隆博総領事が取材に応じた。同館は来訪者向け […]
  • ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る2016年6月16日 ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る  元サッカー日本代表監督のジーコ氏(63)が、リオ五輪に臨む23歳以下の男子日本代表について語った。1日に行なわれたジャパンハウスの会合を終えた後、取材に応じた。 「今の代表選手についてあまり知らない」というジーコ氏だが、「前回ロンドン大会でベスト4になったし、これまでの成績を […]
  • 梅田大使=「日系社会との連携強化する」=リオ五輪で皇族来伯期待=婦人部高く評価、日本招聘へ2016年4月6日 梅田大使=「日系社会との連携強化する」=リオ五輪で皇族来伯期待=婦人部高く評価、日本招聘へ  梅田邦夫駐ブラジル日本国特命全権大使が3月31日に来社し、リオ五輪や日系社会との連携強化について説明、「ブラジルが世界有数の親日国となったのは、日系社会の貢献によるもの。それが世代交代を迎えており、今まで一、二世は何も言わずとも協力してくれたが、若い世代にはこちらから働きかけ […]
  • リオ五輪邦人受入=民間合同組織3月始動へ=リオで在ブラジル公館長会議2016年1月28日 リオ五輪邦人受入=民間合同組織3月始動へ=リオで在ブラジル公館長会議  在ブラジル大使館や各地の総領事館代表者が集る公館長会議が15日、在リオ総領事館で行なわれた。主な議題は、昨年末のジウマ大統領の訪日キャンセルやリオ五輪に関するもの。3月にはリオ五輪に向けた邦人受け入れ組織を立ち上げ、民間合同で邦人保護に対応する。  梅田邦夫大使はジウマ大統 […]