ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 05年に静岡県湖西市で当時2歳の女児が死亡した交通事故で、過失致死の罪によりパトリシア・フジモト被告に禁錮2年2月という判決が9日付で確定した。禁固刑だが、実際には1年間の社会奉仕作業で済む内容。交通事故で死亡させると「人殺し」と言われる日本側からすれば、軽すぎる判決に見えるようだ。とはいえ、凶悪犯罪者だけでも刑務所の収容人数の2倍を越えていることも普通の当地。交通事故による過失致死程度で、別名〃犯罪専門学校〃とも呼ばれる当地の刑務所に入れたら、どうなるか…。日本の日本人には、そんな現実がなかなか理解しずらいに違いない。
     ◎
 日本プロ野球のオープン戦が21日、終了した。広島カープのドラフト6位、仲尾次オスカル(24、二世)の開幕1軍入りが目前に迫っている。8試合に登板し、全て無失点という好成績を残した。父の出身地、沖縄県辺野古での試合では、父の知人らも応援に駆けつけたようだ。開幕は日本時間25日。当地からの声援を糧に、1軍のマウンドで躍動できるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月3日 大耳小耳  2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世 […]
  • 大耳小耳2020年2月18日 大耳小耳  日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第512号が2月に刊行された。沼田信一著『信ちゃんの昔話』の転載が始まった。「ファゼンダ・コチアー」とタイトルにあるので、産業組合の話かと思ったら、北パラナのカフェ耕地の名前。平日はカフェの仕事をし、日曜日は自分の畑を作るという、休みのない開拓 […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯してブラジル中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこ […]