ホーム | 文芸 | 連載小説 | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo) | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(31)

「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(31)

「外人」のハンディがありながら、わざわざこの店まで来た甲斐があったと思った瞬間、カラスが持ってきた紙切れに手書きされた、内訳なしの請求額を見てぶったまげた。なんと、この時間のセット料金よりゼロが二つ多い。
 やはり、最低料金で目いっぱい楽しむ「外人」は、遊びに関しては、日本人よりはるかに賢い。
 賃貸マンションが生み出すあぶく銭をどうやって使おうかと考えたけど、簡単に入ってくる金は、簡単に出ていくもんだ。まあ、その代わり、ペルーから出稼ぎに来て子供のために精一杯がんばっているお母さんの給料が増えるんだから、世の中うまくできている。
 カイシャの人間じゃないので、ツケはきかない。プラチナカードでスッキリ一回払いすると、店長自ら、満面に笑みを浮かべてご挨拶。店の奥から出口までの花道では、カラスが総出でお見送り。夜が遅いので、ジュリアーナと一緒に店を出ることにしたが、「連れ出し料」の請求はなかった。
 ジュリアーナのマンションは近くなので、歩いて送って行くことにした。よく考えたら、クラブでは彼女とあまり話せなかった。
「あたしねー、エル・パライーソでオキニにしてくれてるお客さんから、東京の大っきい店で歌う仕事もらったの。いつまでも、地方のさびしい街でどさ回りすんの、もうやだからさー」
「また、変な男に引っかかったんじゃないの?」
「それは大丈夫。日本にも慣れたし、いろいろ経験して、男を見る目もできたし。でも、困ったら、またジュリオに相談するから、よろしくね」
 やれやれ、さっきのペルーから来たお母さんも、ブラジルから来たこのおねえさんも、本当に逞しい!男に騙されて終わらず、今度は、男をカモや踏み台にして生きている。
 楽しく会話をしているうちに、職安通りを過ぎて、大久保界隈に入った。ここから先は、韓国人をはじめとする外人の街だ。
 ドン・キホーテの横の通りを入ると、エレーナが言っていた韓国料理店の隣に、かつてカロリーナの客が住んでいたという、錆びた外階段が付いた「コーポ○○」というアパートがまだあった。
「えーっ!信じられない。『伝説のホステス』がこんなぼろアパートに出入りしてたの?あたしが住んでいるマンションの方がずっとましだよ」
 そこから二ブロック先のジュリアーナの住まいは、入口にオートロック機能が付いた、最新式のマンションだった。
「ねえ、よかったら、ちょっと寄って、飲み直さない?あたしー、明日、あっ、もう今日か、休みだからさー」
 せっかくの「お誘い」だが、ここは、女のプライドを傷つけず、大人の男を演じなければいけない。そっとジュリアーナを抱き寄せ、南米流に、頬に優しくキスすると、自分の唇と彼女の顔の間に、いつもより厚めに塗られたファンデーションを感じた。
「そうしたいけど、今日はやらなくちゃいけないことがあるから、帰るよ。今度また、君の歌を聴きに行くから。では、ボア・ノイチ(おやすみ)」
「そう、じゃ、約束だよ・・・」
 マンションの入り口から見送るジュリアーナの視線を背中に感じながら、職安通りまで戻り、帰りのタクシーを拾った。

【第16話】

 その夜は、頭が冴えて、ほとんど眠れなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(12)2016年2月23日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(12)  アナは定時で仕事を終えてから、正社員以外にも開放されているスポーツジムやエアロビクススタジオに寄って汗をかいた。そうした施設の中は日本人ばかりで、外人が入りにくい雰囲気だったが、アナは、持ち前の積極性と少しはできる日本語を使って、日本人社会に溶け込む努力をした。 スポーツジム […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49)2016年4月27日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49) 「リカルドは、誰かさんと違って、家族の愛情に恵まれて育っただけ幸せだよ」「木村社長は、相変わらず金儲けに忙しいのでしょうか? 死んだカロリーナがあの人に残したメッセージのことは忘れたのかな・・・」「忘れてないよ。結局、人生で一番大切なのは、金とか社会的な地位がなくなっても、最後 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)2016年4月26日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)  人数が増えたので、別のテーブルに移動して、全員ゆったりと着席。オーダーはシュラスコ食べ放題のコースと決めていたので、それぞれ飲み物を注文し、再会を祝して乾杯した。「今日は、ご招待ありがとうございます。彼、日曜日はいつも東京に踊りに来るので、一緒に来ようということになって、つい […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47)2016年4月23日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47) 「私がこんなことを言うのも何ですが、今回、仕事でいろいろお話をお伺いして思ったんですが、社長には、誰か心の支えになってくれる人が必要じゃないですか? それは、家族、友人、あるいは恋人かもしれませんが、身近にいて、社長のことを本当に愛して考えてくれるような人ですよ。私、社長より長 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)2016年4月21日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)  酒とクスリの相乗作用で完全に盛り上がった二人は、疲れを知らずに踊りまくり、カロリーナは群馬のアパートに帰ることをすっかり忘れてしまった。「二人ともたっぷり汗をかいたところで、外の新鮮な空気を吸いたくなってディスコから出ました」「それから?」「二人で腕を組んで、六本木の街をさま […]