ホーム | 日系社会ニュース | ボサノバで日伯音楽交流=聖&リオ文協が初の共催事業
笑顔で熱唱するガビ・ブアルケさん
笑顔で熱唱するガビ・ブアルケさん

ボサノバで日伯音楽交流=聖&リオ文協が初の共催事業

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とリオデジャネイロ日伯文化協会(ICBJ、聡伯バストス会長)が共催し、7日夜、サンパウロ市の文協ビル貴賓室でボサノバコンサートを行なった。ICBJ理事ダビ・レアルさんの発案で、両文協による初の共催行事が企画された。
 レアルさんの司会で、両文協会長があいさつに立った。呉屋会長は「共催は喜び。今後も交流が必要だ」と述べ、聡伯会長も、「昨年の外交120周年で絆を深めた両国。今日の音楽イベントでさらに活発化しよう」と呼びかけた。
 金田聖治(ギター)、宮川信之(ベース)、ジオゴ・ロドリゲス(ドラム)3氏による金田トリオ、尺八奏者のシェーン・リベイロさんの演奏で幕開けし、プロ歌手のガビ・ブアルケさんが登場。「イパネマの娘」「想いあふれて」など、およそ10曲を美声で披露し、日系人や駐在員ら約150人の来場者を楽しませた。
 訪れた二世の60代女性は、「子どもの頃は娯楽がなくラジオで音楽を聴いていた。それをきっかけにボサノバが好きになった。有名な曲もあったし、生でプロの歌声を聞けて良かった」と笑顔を見せた。
 公演を終えたガビ・ブアルケさんは「日本には元々関心があったから、今日のようなイベントに参加できて幸せ。尺八とのコラボはとても興味深い出来事になった。落ち着いた雰囲気の中で歌えて、素晴らしいコンサートだった」と、満面の笑みを浮かべた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 安倍首相がリオ日系人と懇談=産業貢献への言及「感動」=21日、閉会式の直前に2016年8月23日 安倍首相がリオ日系人と懇談=産業貢献への言及「感動」=21日、閉会式の直前に  【リオデジャネイロ共同】安倍晋三首相が21日、リオのホテルで日系人や在留邦人と懇談。現職首相のリオ訪問は34年ぶりといい、招待された日系人は「光栄」と感想を述べた。    首相はあいさつで、ブラジル最大の造船会社で数多くの日系人が働いていた、石川島播磨重工業 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 《ブラジル》カリオカも眞子さまファンに=リオ協会で日系人が大歓迎=「シンパチカで素敵な方」2018年7月21日 《ブラジル》カリオカも眞子さまファンに=リオ協会で日系人が大歓迎=「シンパチカで素敵な方」  【続報、リオ発=國分雪月記者】リオ市に18日午前に着いた眞子さまは午後、リオ植物園で天皇皇后両陛下が皇太子夫妻時代の1967年に植樹したパウ・ブラジルから育てられた苗木を記念植樹し、その後コルコヴァードに向かった。  コルコヴァードの丘ではリオ大司教区のセルジオ・コ […]
  • 《ブラジル》眞子さま、リオ日系社会と交流=110周年・歓迎式典にご臨席=「皆様の努力に心より敬意」2018年7月20日 《ブラジル》眞子さま、リオ日系社会と交流=110周年・歓迎式典にご臨席=「皆様の努力に心より敬意」  【リオ発=國分雪月記者】とうとうブラジルに眞子さまがご到着――18日午前5時にリオデジャネイロ(以下、リオ)市の国際空港に到着された眞子さまは、午後からリオ植物園、コルコヴァードのキリスト像に足を運ばれた。その後、リオ日系協会(松浦實(みのる)会長)の会館で行われたブ […]