ホーム | 日系社会ニュース | インフル予防接種が延期=援協にワクチン届かず

インフル予防接種が延期=援協にワクチン届かず

 サンパウロ日伯援護協会のリベルダーデ医療センター(Rua Fagundes, 121, Liberdade)で5月2~14日に無料インフルエンザ予防接種が実施される予定だったが、急きょ延期となった。
 同医療センターの渡辺ワシントンさんによると、伯国各地でインフルエンザが流行しているため、他地域もワクチンが足りない状態。援協にもワクチンは届いておらず、延期が決定されたという。
 今後、いつ予防接種を開催するかは未定。問い合わせは同医療センター(11・3274・6500/同・3274・6555)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ