ホーム | コラム | 樹海 | 五輪を見に行けない地元の子供たち

五輪を見に行けない地元の子供たち

エレベーター塔の展望台から見えるイパネマ海岸を背景に、富士山パネルと記念撮影する子供たち

エレベーター塔の展望台から見えるイパネマ海岸を背景に、富士山パネルと記念撮影する子供たち

 「リオ五輪の試合は何か見に行くの?」。リオ市立マリリア・デ・ジルセウ小中学校で27日に富士山写真展の開幕式をやった後、出席した男子生徒にそう聞くと、隣にいた友達と顔を見合わせて「行く予定はないよ」と少し恥ずかし気に応えた。「どうして行かないの?」と畳みかけると、困ったようにうつむいたので、それ以上聞かなかった▼彼の態度は学校のすぐ裏のファベーラに住んでいる子供の平均的なものだろう。一般的に公立小中学校に通うのは裕福でない層で、授業料の高い私立校には中産階級以上が通う。だから公立校の生徒には五輪の入場券が買えないし、サッカーやバレーなど一部競技以外には関心が薄い。実際、入場券の売れ行きは悪い。最終的に政府が買い上げて無料配布する話まであるらしい。もしそうなれば、生徒は行けるかもしれない▼式の後、子供たちに案内されて、学校のすぐ裏のカンタガーロのファベーラに行くエレベーター塔「ルーベン・ブラガ」に乗った。最上階が展望台になっており、美しいイパネマ海岸が広がった。「ねっ、この眺めキレイだろ。すごいだろ。写真撮りなよ」と押し付けてくるように言ってくる。当たり前だがこの眺めは、富裕層が住む海岸べりの住民には見られない。山の上からの眺めと同じだ▼展望台で子供の一人が「ほら、あそこにクリスト・レデントールが見えるんだ」と胸を張った。地上部からは見えない事が多いが、上からは見える。モーロ(山の上、ファベーラのこと)に住む者の数少ない特権だろう。彼らにとってはキリスト像の立つコルコバードの丘こそが、日本人にとっての富士山かもしれない▼エレベーターに乗る前、同校教員から「子供たちと一緒にいけば、ファベーラの中でも大丈夫だ。彼らの家族にはトラフィカンチ(麻薬密売人)がいるから、身内の客として絶対に襲わない」と妙な説明をされた▼このエレベーター塔は2010年に州政府によって建設され、メトロのゼネラル・オゾーリオ駅と一体になっている。二段式になっており、まず駅から直上に登り、そこから水平に延びる空中通路を通って、もっと山際まで数十メートルほど歩き、別のエレベーター塔に乗り換える。そこを上がればもうコムニダーデの中心部分に直結する。もちろん無料だ▼夕方5時半ごろにエレベーターに乗った時は15人ほどの短い列だったが、展望台から降りてきた6時頃には150人ぐらいの列に伸びていた。仕事を終えて家路につく上の住人たちだ。生徒たちは列の人々と楽しそうに挨拶する▼今ではあっという間に上がれるが、エレベーター建設以前は何百段という階段を上がらなくてはならなかった。一日過酷な労働した後、ダメ押しのように階段を登る足は重かっただろう。子供の元気な足で「10分」以上かかる階段。年寄りにとってはあまりに過酷な〃山登り〃だ▼同校の社会科教師で、この写真展のコーディネータを務めたダビ・レアルさんにその子供の反応を話すと、「うちの生徒の大半はオリンピックを見に行くことはないよ。残念ながらそれが現実さ」と憤るように言った。開幕式の後、コパカバーナ海岸のレストランで挙げた小さな祝宴の時のことだ。さらに彼は「モーロの住人は、こういうところで〃客〃として食べる機会も一生ないだろう。すぐ近くに住んでいるけど別世界の住人。給仕する側なんだ」というのを聞き、良く冷えたビールが急に苦く感じられた。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く2019年3月28日 シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く  16年11月末に起きた、サンタカタリーナのサッカーチーム、シャペコエンセの選手や監督などを乗せた航空機墜落事故の生存者で、ジャーナリストのラファエル・ヘンゼル氏(45)が、26日夜に突然亡くなった▼航空機事故が起きる確立は低いが、全員死亡という例も少なくない。一部リー […]
  • ブレグジット/トランプ/ボウソナロに裏の繋がり?2019年3月19日 ブレグジット/トランプ/ボウソナロに裏の繋がり?  ボウソナロ大統領誕生の裏の立役者に、「ボウソナロのグル(精神的指導者)」オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ(Olavo de […]
  • 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?2019年3月12日 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?  47都道府県人会はいつまで揃っているのか――ブラジル日本都道府県人会連合会の役員会の呼びかけで2月23日に行われた「京都会の昼食会」を取材しながら、そう考え込んだ。  その時、鹿児島県人会の上園モニカみちえ会長は「ブラジルは世界で唯一47都道府県すべての会が揃ってい […]