ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ市に続々と専門店が登場=完全和風「上々ラーメン」=新境地アマゾン風も
自慢の一品を手にする鯉谷さん(左)とシモーネさん
自慢の一品を手にする鯉谷さん(左)とシモーネさん

サンパウロ市に続々と専門店が登場=完全和風「上々ラーメン」=新境地アマゾン風も

 3月中旬にはサンパウロ市南部ではアマゾン風を売りにした「ラーメン・アスー」が営業を始め、日本の味覚や技術を注いだラーメン店「上々ラーメン」が4日、サンパウロ市パライゾ区に開店した。東洋街エステダンテ街にもラーメン店が新装開店するとの話が流れており、市内のラーメン業界が一気に熱気を帯びてきた。

考案者の深山さん(右)と人気のアマゾンラーメン

考案者の深山さん(右)と人気のアマゾンラーメン

 ラーメン専門店といえば「あすか」や「カズ」が代表格だが、昨年9月から牛丼の「すき屋」がラーメンを出し始めたほか、福島県人会が喜多方ラーメン、北海道協会もラーメン祭りを盛んに行っており、知名度が一気に上がってきている。
 そんな〃ラーメン戦争〃が熱気を帯びる中、純日本の味で殴りこみを掛けてきたのは本日開店の「上々―」だ。
 オーナーは日系三世の村原シモーネさん。4年前の訪日旅行で「人生初のラーメンに一目ぼれした」ことが開店のきっかけ。経営コンサルタントをする傍ら、2年前から準備を進めた。日本で専門家を募集し、東京でラーメン店「地雷源」を経営する鯉谷剛至さんが協力することに。「日本のラーメンを現地食材で」をモットーに、2カ月前から滞在し開発に注力した。
 食材探しではいきなり課題に直面。「ブラジルの豚、鶏は質に難がある」と頭を抱えた。たどり着いたのは、日系企業の管理が行き届いたサンタカタリーナ州の牧場。「旨味があって癖もない」ことが決め手に。自家製麺も独自の配合で開発し、日本で使う製麺機を持ち込んだ。
 その他の食材も、ほぼ現地で調達。醤油は東山農場、それも生産過程の途中の甘くないものを、味噌はモジの日系人が作るものを選んだ。アルジャーの日系農家からは、有機栽培のネギを仕入れる。「移住者、日系企業がなければ完成しなかった一品。『現地食材でもこれだけの味が再現できるんだぞ』って感じてほしい」。先駆者の貢献を称え、完成した一杯に自信を見せた。醤油、塩、味噌、つけめんの4種で一杯28レアルから提供する。

佐々木さんが手にするのは特製、味の濃いアサイー・アイス

佐々木さんが手にするのは特製、味の濃いアサイー・アイス

 一方、サンパウロ市南部には「アマゾンラーメン」という新境地を開拓した『ラーメン・アスー』が3月に開店した。店主はトメ・アスー移住地出身の佐々木ジェトゥーリオさん(52、二世)。それゆえアマゾン素材にこだわりが強い。宣伝をしていないにも関わらず、すでに1日約200人が来店している。
 一番人気はアマゾンラーメン(35レ)で、5人に1人は注文するという。料理人の深山ナンシーさんが考案し、トゥクピーなどアマゾン地方から取り寄せた調味料を使用。中でも独特の味を出す香草ジャンブーを入れることで、かすかに舌をピリピリと刺激する独自のスープを作り出した。客のホドリゴ・ワカバラさん(26)は「他では食べられない味だし、何よりおいしい」と満足気な表情を見せる。他に塩ラーメン(25レ)、冷やし炸醤麺(28レ)も好評だ。

 

□関連コラム□大耳小耳

 サンパウロ市に登場した2店のラーメン店。上々ラーメンは住所=Rua Dr. Rafael de Barros, 262(ブリガデイロ駅又はパライーゾ駅から徒歩9分)、営業時間は夜のみ、6月からは昼も。電話番号は11・3279・5005。ラーメン・アスーは住所=Rua Guarau, 120(プラサ・ダ・アルボレ駅から徒歩2分)、火~日曜の昼、夜営業。電話番号=11・5589・9124。純和風VSアマゾン風の対決は、どちらに軍配が?!
     ◎
 大人気の「ラーメン・アスー」では、「ナス田楽ジャンブー」「カシャッサ・デ・ジャンブー」でもアマゾン素材を使用。ベレン産を使った自家製アサイー・アイス(タピオカ入り)も。サンパウロ市のどのアサイーよりも濃厚とか。開店間もないが、フェイスブック(www.facebook.com/Lamen-A%C3%A7u-798102700324649/)では、18件の評価がすべて5つ星。店主の佐々木さんによると、普段はかなり混雑するが火・水曜が比較的空いている。サンパウロ市に来た際、話題のラーメン店を食べ歩きしてみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(1)=60年ぶりの「ふるさと」へ2017年4月4日 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(1)=60年ぶりの「ふるさと」へ  今回の「故郷巡り」ツアーを一言でいえば、「承前啓後(しょうぜんけいご)」か――「過去を受け継いで、未来を導き開く」という意味だ。ボリビアとの国境である奥アマゾンのロンドニア州都ポルト・ヴェーリョ、そして一番新しい州トカンチンスのパウマスでは、ブラジル近代史と一体になった、 […]
  • 田所教授『ブラジル雑学事典』=ブラジル研究歴40年の集大成2016年4月26日 田所教授『ブラジル雑学事典』=ブラジル研究歴40年の集大成  ブラジル研究歴40年、京都外国語大学の田所清克教授の集大成といえそうな大著『ブラジル雑学事典』(春風社、438頁、5千円+税)が4月に日本で出版された。 同教授は刊行に当たり、次のようなメッセージを寄せた。《幼少の頃からアマゾンの雄大な自然とそこに棲息する動物(相)に強く惹か […]
  • 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第1回=「ここにジャポネースあり!」2016年4月2日 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第1回=「ここにジャポネースあり!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)が主催する第45回「移民の故郷巡り」一行149人は、3月10日から16日までセアラー州都フォルタレーザ、北大河州モソロー、同州都ナタルを観光し、現地日系人と交流した。「どこに移民の故郷が?」と首をかしげるほど日系人が少ない北東伯だ […]
  • 福島から発泡清酒が到着=ナガヤマで試飲会、今日から2016年2月12日 福島から発泡清酒が到着=ナガヤマで試飲会、今日から  福島県喜多方市から、一風変わった日本酒がブラジルに到着した。輸入されたのは創業200年以上の老舗・大和川酒造店による純米大吟醸スパークリング「珠泡」。シャンパンのように発泡させた新しい日本酒だ。 同店から武藤啓一海外営業部長と、酒サムライ事務局員で輸出入業を行なう「SAPZI […]
  • ベレン、トメアスーで厳かに=アマゾン移民86周年法要2015年12月3日 ベレン、トメアスーで厳かに=アマゾン移民86周年法要  【パラー州ベレン発】汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)は11月14日午前、同協会神内講堂で外交120周年とアマゾン移民86周年を記念して、開拓先亡者追悼法要を行なった。浄土真宗本派本願寺南米教団の杣山哲英総長代行、安中マルコ円諦副総長を迎え、法要は厳かに執り行なわれた。 生 […]