ホーム | コラム | 樹海 | ルーラが遂に被告になる?

ルーラが遂に被告になる?

 連邦検察庁が遂に、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の捜査妨害の容疑でルーラ前大統領を起訴した▼「遂に」と書いたのは、昨年末に捜査妨害で現行犯逮捕されたデウシジオ・アマラル上議が、ルーラ氏やジウマ大統領も様々な形で捜査妨害を試みたと供述したにも関わらず、現在に至るまで具体的な反応がなかったからだ。アマラル上議は生録音のせいで現行犯扱いされたが、前、現大統領に関しては、2月に同上議の司法取引が成立した後も何も動かなかった▼前大統領は聖州の高級アパートや別荘の件で聖州検察と連邦検察の捜査対象となっていたが、聖州検察から起訴され、逮捕の可否はクリチバ地裁のセルジオ・モーロ判事の判断に委ねられた。その途端に官房長官任命という方法で不逮捕特権獲得を図った事は、ジウマ大統領も含む捜査請求に繋がったが、メンサロン事件では検察も手を出さなかった前大統領が被告となる可能性が出てきた意味は大きい▼ルーラ氏が3月16日に官房長官に指名された後、前・現大統領の通話の内容が公表され、ジウマ氏がいきり立った事は記憶に新しい。ルーラ氏が被告となり、断罪されれば、ジウマ氏罷免時には、大統領選を前倒ししてルーラ氏擁立という、労働者党政権継続計画もおじゃんになる▼検察庁は今回、LJで捜査対象となっている政治家のリストに前大統領の名前を加える事なども要請している。前大統領が正式に捜査対象となれば、聖州内の高級アパートや別荘、その改修費などが形を変えた賄賂だった事も明らかになるだろう。「国民的英雄」が「世界でも例を見ない規模の大型汚職を企て、維持した人物」と呼ばれ始める日は近い? (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本でこっそりルーラ批判をするムヒカ2016年4月13日 日本でこっそりルーラ批判をするムヒカ  日本で大人気のホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領(ドン・ペペ)の思想には、南米の2大国に挟まれた小国という地政学的な条件が深く影響を与えている気がする。その要素もまた日本人から共感を得やすい部分かもしれない▼ウ国は元々アルゼンチンの一部「東方州」だったが、1820年にポルトガル軍 […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表する聖州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど関係ない […]
  • ますます狭まるルーラ包囲網2016年2月11日 ますます狭まるルーラ包囲網  パラナ連邦地裁のセルジオ・モロ判事が9日、ルーラ前大統領が足繁く通っていたアチバイアの別荘の改築工事の件を別件捜査する事を認めた▼ペトロブラス関連の汚職等を扱う連警のラヴァ・ジャット作戦(LJ)で告発されたOAS社が、グアルジャーの3層住宅とアチバイアの別荘の改築に関わってい […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 第35次LJ=パロッシ元大臣も逮捕=立て続けにPT政権2財相=オデブレヒトとの贈収賄疑惑2016年9月27日 第35次LJ=パロッシ元大臣も逮捕=立て続けにPT政権2財相=オデブレヒトとの贈収賄疑惑  26日午前、連邦警察による第35次ラヴァ・ジャット作戦で45司法命令、3人の逮捕などが敢行され、ルーラ政権で財相、ジウマ政権で官房長官の要職を務めたアントニオ・パロッシ容疑者(労働者党・PT)が逮捕された。一時はPT政権内でも「大統領に最も近い男」と称され、「ルーラ氏の参 […]