ホーム | 日系社会ニュース | 最高裁=南西石油問題をモロ判事に=デウシジオ上議の爆弾供述=「パサデナと同様の賄賂」
沖縄県にある南西石油のサイト(5日参照)
沖縄県にある南西石油のサイト(5日参照)

最高裁=南西石油問題をモロ判事に=デウシジオ上議の爆弾供述=「パサデナと同様の賄賂」

 ラヴァ・ジャット作戦(LJ)では、ペトロブラス石油公社(PB)による米国パサデナ精製所買収に不正な取引があったとして問題になっている。それと同様の賄賂などが沖縄の南西石油買収時にもあったとの爆弾証言が、デウシジオ・アマラウ上議(元労働者党)が行った報奨付証言(司法取引証言)に含まれていた。エスタード紙4日付によれば、最高裁のテオリ・ザヴァスキ判事は同証言部分を、同作戦を指揮するパラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事に送付した。全伯を揺るがすLJ作戦の余波が、日本関係にも及んできたようだ。

 PBは06年から08年にかけて11億8千万ドルで米国パサデナ精油所を買収した。これは元々05年にベルギーのアストラ・オイル社が4250万ドルで買収した古い施設で、なんと27倍もの金額でPBは買い取ったことになる。不当に高額な売買交渉であり、連邦会計検査院(TCU)から当時のPB経営審議会や経営陣に〃失敗〃や不正があったのではと問題視にされているポレミックな案件だ。
 エスタード紙によればデウシジオ上議は報奨付証言の中で、「ペトロブラスによる南西石油買収では、ラヴァ・ジャット作戦で捜査中のパサデナ製油所買収における賄賂と同様のやり方が行われていた」と語った。PBは南西石油を08年4月に株式の87・5%を約7200万ドルで買収していた。
 デウシジオ上議の供述によると、南西石油買収は国外でのPBブランド力を高める目的もあったが、「取引はとても不利で、ペトロブラスは日本の精油所を閉鎖し、高い損失がでた」と証言した。買収の一部は07年までにペトロブラスの取締役会長と当時のジウマ・ルセフ経営審議会長により承認された。
 同供述には、PB元総裁のジョゼ・セルジオ・ガブリエリ氏に加え、アルマンド・トリポジ元秘書長官が同総裁名で工作をしていたなどと指摘され、ネストル・セルベロ元渉外部長についての記述もある。
 PB社のサイトによれば一日あたりの軽油10万バレルを処理し、日本市場基準の高品質オイルを生産出来ると公表した。しかし、PBはこの3月に撤退決定を公表、南西石油は4月に石油精製事業を停止した。
 今回、最高裁のザヴァスキ判事は、この件に関する捜査を担当するようにと、セルジオ・モロ判事と副検事総長のエラ・ウィエッコ氏に要請を送った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■尋ね人■藤山昌作さん2019年10月1日 ■尋ね人■藤山昌作さん  宮崎県議会副議長の山下博美氏が、戦後移住者の藤山昌作さんに関する情報提供を呼びかけている。  藤山さんは宮崎県都城(みやこのじょう)市川東出身で、存命なら72歳。1958(昭和33)年10月4日に家族で、「あるぜんちな丸」で渡伯した。  家族構成は、父は翼さん、母は富士子 […]