ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■ア・マッシャード最後の一世

■ひとマチ点描■ア・マッシャード最後の一世

松本一成さん(79、長野)と思い出のお茶箱

松本一成さん(79、長野)と思い出のお茶箱

 以前、聖州アルバレス・マッシャードを訪れた際、松本一成(いっせい)さんが案内してくれた。コチア青年として1955年に移住、現在も農業を営む。
 来年百周年を迎える伝統ある同地へ、最後に移住した日本人であり、最後の一世となった。日系団体会長を10年務め、名誉市民に。「敬老会では長年お祝いする立場だったけど、今年から祝われる側」と照れくさそう。
 自宅横の養鶏小屋ではかつて1万羽ほど飼育した。「ここに越してから最初の5年間は電気を引かなくて、ランプで生活していた」。
 倉庫には、筆記体で「マツモト・サントス・ブラジル」と書かれた思い出のお茶箱。移民船の出航前に両親が餞別として送ってくれたもので、当時使っていた作業着や肌着等が4農年分ぎっしり詰まっていた。
 妻エミリアさんは「最初に会ったときの服はボロボロで恥ずかしかったね」というと、「忙しくて買いに行く暇がなかったんだよ」と笑い飛ばした。(桃)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 59年4月着のあめりか丸=第41回同船社会、23日に2017年4月12日 59年4月着のあめりか丸=第41回同船社会、23日に  1959年4月23日にサントス港へ到着した移民船「あめりか丸」の『第41回同船社会』が、23日午前11時からリベルダーデ区の群馬県人会(Rua Sao Joaquim, 526)で開催される。会費50レ、申し込みは15日まで。 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  聖市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコチア青年 […]
  • コチア青年2世・3世の会=第1回会議を開催、13日2016年3月5日 コチア青年2世・3世の会=第1回会議を開催、13日  昨年60周年を盛大に祝った戦後移住者最大の集団「コチア青年」に、万を辞して青年部組織が発足することになった。コチア青年二世の飯星ワルテル連邦下議自らが会長となり、『コチア青年2世・3世の会』を発足、第1回会議を開催することとなった。13日午前9時から、コチア市役所講堂(Rua […]
  • アメリカ丸同船者=来月45周年式典開催へ2004年3月27日 アメリカ丸同船者=来月45周年式典開催へ 3月27日(土)   一九五九年四月二十三日サントス着の「アメリカ丸」の同船者は渡伯四十五周年を祝う式典を、四月二十五日(日)午前十一時からヴァルゼン・グランデ・パウリスタ日本人会会館で行う。第二十七回の同船者会を数える今回は、特別にマナウス、ブラジリア、ミナス、パラ […]