ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(5)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(5)

 誠にめでたく、神戸港より新造船「ぶらじる丸」一万五〇〇総トンの移民船は、昭和三十一年(一九五六年)十二月二日、海外移民(移住者)を乗せて神戸港から横浜港へ。ここで東日本移民組が合流。総勢一五〇〇、六〇〇名の移住者を乗せて、貨客船「ぶらじる丸」は南米各国に向かった。
 真冬の太平洋へ――。いやはや、予想はしていたが、「ぶらじる丸」の巨体が木の葉のように上下左右に、揺れるわ、揺れるわ。さしものつわもの揃いの船員さんまで船酔い。客も右往左往。何と最初の寄港地ロスアンゼルス港までに十一日かかった。その間、色々あった。
 千年太郎青年は安心して乗っていた。ただし、船酔いにはいささか悩まされた。ベッドに寝てはいるが、船酔いで「ワァ、ワァ」喚く周り、同室者が堪りかねて、乗り組員の看護婦さんを連れて来る。太郎青年は、看護婦さんに優しい言葉を掛けられると、アラ不思議キョロリと直る。看護婦さんが「お大事に」と言いながら行ってしまうと、五分も経たないうちに、また「うーん、うん」と唸りだす。
 看護婦さんが、また優しい言葉を掛けるとキョロリとなる。周りの人達に食べ物を貰っておいしい美味しいと良く食べる。大体船酔いの人は食べ物は口にしないのが、パターンのはず。不思議な男ではあった。十分も寝たかと思ったら、また「うーうー」とやりだした。今度は看護婦さんが馬の注射器程の物を持って来た。それ見た太郎君は驚いて、二段ベッドの上から飛び降りた。太郎君、一目散に雲隠れ、何処へ行ったやら。
 看護婦さんは「大体、あの人の船酔いは、この注射器を見れば解かりますよ」と笑いながら、しばらく待って見たが、青年は戻って来なかった。ところがしばらくしていたら、食堂から船員さんが千年太郎さんの班長さんはどこですかと来た。皆が「ハハン」と来た。また何かやらかしたか。
「ハイ、実は千年さんが五、六人で、食堂の片隅で酒盛りを始めて居ります」
「ほぅ、中々やるね。それでどうしました」
「呑気な事言ってる場合じゃないですよ。いいですか、外は大荒れ、大しけです。船の上に波が打ち上げて前が良く見えません」
「うんうん、そりゃ大変だね」
「それでどうしました」
「どうしたも、こうしたも。千年さんとか言う人が、少々小降りになったスキに、デッキの扉を開けて二、三人で看板の外に出て、打ち上げられた魚を掴み取りの無鉄砲。それを刺身にしたと大騒ぎしています。こんなことが船長さんの耳に入ったら前代未聞、どんな事になりますか。恐ろしい事です」
「ええっ、そりあぁ一大事だ。何とかせにゃいかん。皆集めよう。でも皆な船酔いでゲロゲロ遣っとりますけん」
「船員さん達で何とかして収めてください」
 と、そこへ太郎、上機嫌で帰って来た。
「おい千年、この野郎」と誰か言った様だが、飛びついてまで、行く自信が無いようだ。
 そりゃあ、そうでしょう。自分の足元の方が怪しい。滑稽な騒動で万事休す。皆知らんぷり。一巻の終わり。うやむやにすぎた。
 さて、気候はガラリと変わり、大西洋は正に真夏であった。
 そして二週間が過ぎた。ぶらじる丸はベネズエラに近づいていた。その首都カラカス港、ここで楽しい赤道祭の話が、誰からともなく聞こえてきた。だが何をするのか、船員さんがやってくれるものと、好奇心が高まっていた。
 そんなある日、副船長格の笹山乗客担当部長から呼び出しが来た。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》トランプ政権の外交右腕がボウソナロ次期大統領と面会=キューバなどへの対策期待2018年11月20日 《ブラジル》トランプ政権の外交右腕がボウソナロ次期大統領と面会=キューバなどへの対策期待  米国のトランプ政権の国防関係者が今月末に来伯し、ジャイール・ボウソナロ次期大統領と面会を行う予定だと、17日付現地紙が報じている。  それはジョン・ボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官のことで、同氏は30日からアルゼンチンで開催されるG20サミット前の28日にブラジルを […]
  • ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る2018年9月27日 ベネズエラ=「倒そうと思えばすぐ」=トランプ大統領が語る  米国のトランプ大統領は25日、国連総会の席で、ベネズエラ政府に関して、「軍事的に政権を倒そうとすれば、すぐに倒せる」との発言を行った。26日付現地紙が報じている。  同大統領は、ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領の独裁政治に関し、「あの国はすごく弱体化しているから、軍事 […]
  • ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行2018年10月3日 ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行  汎米保健機構(Opas)がまとめた内部資料によると、ベネズエラでは、政治的、経済的な危機により、この4年間に医師2万2千人が国外に脱出、医療システムに大穴が開いていると2日付ブラジル国内紙が報じた。  同国の医療システムの対応能力は5年前から急速に落ちてきていた。17、18 […]
  • 《ブラジル》8月に予防接種キャンペーン実施=再発が危ぶまれるポリオと麻疹対象に2018年8月1日 《ブラジル》8月に予防接種キャンペーン実施=再発が危ぶまれるポリオと麻疹対象に  保健省が7月31日、8月6日~31日に、1歳から5歳までの幼児を対象にした予防接種の全国キャンペーンを実施すると発表した。  今回のキャンペーンの対象は、ポリオ(急性灰白髄炎)と麻疹(はしか)で、まだ1度も予防接種を受けた事がない子供やどちらかの接種を受けていない子供はもち […]
  • ベネズエラ=マドゥーロの贅沢食に批難殺到=国民総貧困の緊急事態の中2018年9月20日 ベネズエラ=マドゥーロの贅沢食に批難殺到=国民総貧困の緊急事態の中  ベネズエラでは国民の87%が貧困に陥っているという緊急事態の最中に、ニコラス・マドゥーロ大統領がトルコのイスタンブールで超高級ステーキを食べた動画が公開され、世界的に批難を集めた。19日付ブラジル国内紙が報じている。  動画中のマドゥーロ氏は、妻のシリア・フローレス氏と共に […]