ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(2)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(2)

 母親がめずらしく涙しながら大きくなったお腹を撫でながら、諭していたあの言葉は、太郎が生涯忘れられない「母の言葉」と成りました。
「上の二人の兄ちゃんは、もう兵隊にゃいかんで良かけん、外で働いて貰う。太ちゃんはまだ十歳ばってん、母ぁちゃんのお手伝いをして呉れんネ。そして、よそんもん(他所の人)に負けんような人間になって勉強もして貰いたいが、家の事も大事ばってん、人間は学問が必要な時が来るけんネ」
 この日は珍しく神妙に母に諭されていた太郎の目に、光るものが見えた。元々負けん気の強い、亥年生まれで、猪(いのしし)のように一本気なところも有る。何とそのころより太郎少年の態度行動に変化が芽生えるようになった。
 十歳になった太郎が朝食作りの手伝いをする様にもなった。学校にも進んで行く様にもなる。誰からともなく本を借りて来る様にもなった。
 まさに親も驚く「戦後版二宮金次郎」と噂されるまでの変化の孝行ぶり。十一歳になった太郎少年は、あの悪ガキから一変近所の話題になっていく。秋も深まり、北風が身にしみる頃、小さな田舎町の路地に野菜をリヤカーに山と積んで甲高い声で「野菜、野菜、ヤサーイ」と声が響く。すると路地の家々から、人々が集まって来る。その声の主は誰あろう、かの悪坊主ガキ大将の「太郎少年兄弟」ではないか。
 太郎は先頃まで、進駐軍の手先となってジープに乗り込み、得意気に道案内。下町の隅から隅まで知り尽くした悪坊主の面影はない。リヤカーの荷台は地元農家で採りたての超新鮮野菜が一杯である。リヤカーの荷台は見る見るうちに空(から)に成って行く。あの戦時中の悪ガキではない。十銭二十銭の小銭を貯め、それが妹達の色紙やエンピツ等、また遊び道具代の一部になるらしい。父母には心強い家計のお手伝いとなっていた。
 しかし、まだまだ良い事ずくめばかりでは無い。夜遅くまで明朝の野菜の用意をする。早朝から売り歩く野菜の新鮮さが高く喜ばれ、学校の遅刻は当たり前で有る。登校はするが既に授業は始まっている。ソロリ、ソロリと教室に入る。目ざとい先生に見つかり、襟首を掴まれて廊下に立たされる。廊下で「半日休業」の繰り返し。
 だが、本人は至って呑気、立ったままで居眠り船を漕ぐ。全く効き目なしで、「始末が悪い」と先生から親に注意が行く。だが、家庭の事情もあり、泣き落されて先生が半ば諦め顔。むしろ同情が先に立つ。先生の方から太郎に目をかけてくれる様になって行く。
 さて終戦後の日本の様子を詳しく描くことは、一介の作者ごときには、はなはだ無理がある。しかし、戦後の小農家で子沢山、その上、敗戦で引き上げ軍人であふれる故郷。泣き付かれて、お人良しの太郎の両親は、我が家の食料まで人様に融通する。それでも父母を責める子供がいなかったのが不思議であった。近所の人達は「あの家の人柄ではないか」と噂していた。太郎とて、食べ物に一度たりとて不平不満を言う子ではなかったと聞く。
 しかし、千年(ちとせ)家は祖父母、両親、五男、三女の子供で、合計十二人の大家族であった。一向に楽になる兆しは見えなかった。
 時は移り、昭和二十三年(一九四八年)。初秋の頃には太郎も進駐軍について回るのは辞めていた。そのころ、太郎の父の友人で、大阪市に自動車修理工場を持っている人の世話で、太郎の兄は十七歳で見習いとして単身大阪に行く事となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(3)2016年5月17日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(3)  その頃、進駐軍の車は皆な「ガソリン車」で有った様だ。太郎の田舎の車は、いや、日本全国では木炭車が殆どの時代だった。将来は日本も「ガソリン車の時代」が早急に来ると信じられて居たのである。大阪に行くと言っても今時の社員とは雲泥の差があった。仕事は「丁稚奉公」並みなのであった。見習 […]
  • リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される2019年1月15日 リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される  13日午前、リオ州議で元リオ州市警司令官のマルタ・ロシャ氏(民主労働党・PDT)を乗せた自動車が4発の銃撃を浴びる事件が起きた。防弾車だったこともあり、死者は出なかったが、殺害未遂が疑われている。14日付現地紙が報じている。  この銃撃で、マルタ氏の運転手のジェオニジオ・メ […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(66)2018年10月24日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(66)  福岡県の炭鉱で働いていたことなど問わず語りに分かり、だが何故降格されたのか、佐世保で別れるまで打ち明けなかった。  復員後二年近く文通し、以前の炭鉱で働いていると小まめに身辺を知らせてくれていたが、いつしか文通は絶えた。私にとって彼は実に不思議な人物で、いまだに忘れ得ない。 […]
  • 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け2018年10月10日 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け  6日、サンパウロ市で10代の少年4人が軍警と銃撃戦を行い、死亡したとされる事件が起きたが、目撃者らは、少年たちは投降したのに銃殺されたと証言していると9日付現地紙が報じている。  事件発生は6日午後7時40分頃、サンパウロ市西部のジャグアレー区で、警官が盗難届の出ていた黒の […]