ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(10)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(10)

 まず出されたのはパンとコーヒー。コーヒーは正に本場であるから良しとしても、「パン」は余りにもかたい。それに「マンテーガ」なる乳製クリームと、「モルタンデ―ラ」を挟んだ「サンドイッチ」である。これがどうも、日本人には妙な味で口に入らない。匂いも強い。「これからブラジル生活には避けて通れぬ『トーマカフェ』(朝食)である」と聞かされては、仕方なくうなずく他なかった。
 日本を出る時、聞いてはいたが、現地の食べ物には、独特の匂いがあり、昔の移民も戦後移民も同じく、当分は悩まされる。日本を出る前から承知の事であるから異論は出ないが、皆な遠慮がちに手を付けない。これを眺める接待がかりのご婦人は、予想していたものと見え、顔見合せて微笑んでおられた。
 だが、青年本人らは「大変なことになった」との表情もうかがえる。食文化の違いという洗礼をうけ、これから先が思いやられるのである。千年太郎青年もご多分に漏れず、行く先々が心配である。
 ブラジルは一月と言えば真夏である。暑い暑い日々が続く。だが木陰に入れば、さほど蒸し暑さはない。これが大陸と島国では違う。日本のような蒸し暑さはない。ここに島国と大陸の気候の良し悪しがハッキリしているのである。
 さて早くも昼食か夕食か解からない時間に食事が出た。何やら雨で到着が遅れ、色々と予定時間が狂ったようで今頃の昼食らしい。
 出された食事を見て、一同嬉々とした声が出た。「移民先の食事では二度と出来まい」との覚悟でやって来たブラジルで、白いおにぎりがテーブルの上に一杯ではないか。
 その上、豆腐の味噌汁までが出ている。この時の嬉しさ「たかが豆腐」「たかが味噌汁」等とお笑い召さるな。日本人食文化の原点と言っても過言ではありません。これぞ大和民族と感じた。太郎君、何はともあれ、彼の「ブラジル大好き」が決定的な瞬間となった。
 ご婦人方のお話では、当時の日本人家庭は「醤油、味噌」、または好みで「豆腐、ナット」位は自家製が当たり前。「だいたいこれから貴方がたの行かれるところでは日本食主体ですよ」と教えて貰った。あの時の安堵感は、いまだによみがえってきます。
 それにつけても、一週間程度の研修の間、「そうめん、漬物、煮魚」等など不服はなかった。考えて見れば、それだけ戦時下戦後は惨めな暮らしだった事になる。コチア産組に足を向けては罰が当たります。
 とはいえ、戦中のこの体験が、彼の生涯を通して心の中に息ずく、日本的な「質素倹約」体質となった。お金があるのか無いのか、心配ごとがあるのか無いのかに関係なく、ノンキな彼はいつも飄々(ひょうひょう)としており、全く世間様に、気兼ねが無いようだ。
 彼の口癖は「毎日が幸せ。俺のような者とお付き合い下さる方々には感謝感激のほかになし」というもの。太郎君は先祖伝来、常に笑顔を絶やさない。誠に千年家直伝の世渡り術その物である。
 さて、研修所暮らしで一通りのブラジル事情は習得出来たところで、いよいよ、配雇先のパトロンが迎えに来る日が来た。朝からそわそわ、十時に講堂に集合。お待ちかねのパトロンの元へ、氏名を呼ばれた者は速やかに走って行った。パトロン一人に一名から二、三名の青年を引き受けて下さる人も居て、誠に賑やかな事だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)2016年7月29日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)  特に専務は、「これからの君に期待されている特大有望地区なのだ。ここを二週間、君と周り、俺の全ての知識は一応説明した。だが、これからは君が奥さんにも教えながら頑張りなさい。そして早く軌道に乗せて、新入営業マンを二、三人抱える様になれば、奥さんなんか働かせなくてブラジルに錦を飾っ […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)2016年7月27日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)  「いかん、いかん。俺は一体なにしに来たんだ。女房の静江や子供を何とする。いかん、いかん。そんなお前じゃないだろう。どうした、どうした」と太郎は自分の頭を自分で叩きながら自問した。 自業自得で人様に笑われて、家族に悲しい想いをさせる自堕落を何とする。自分のふがいなさに、一人思い […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)2016年7月28日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)  何にも知らないのは千年太郎一人。彼女(森沢須磨子)と千年の経緯(いきさつ)を全部知り尽くして対応されているのには、また驚く千年だった。 「だとすると、なぜなんだ?」と自問した。要は自分の力量だけが目的なのか。「『株式会社・大東建装』は実力、実績本位の企業なのか、昨今国内外で話 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40)2016年7月21日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40) 「なんだって、青森かい」「あなた青森に行きましょう」「青森は、ちと遠いよ」 しかし千年は、「しかし、待てよ。ホテルに泊まるより良いかもね。そうだ青森にしよう。そうだ、まず東京に行こう」と考え直した。 横浜駅に行って、青森行きを駅員に尋ねた。「東京駅から夜行があります」と言う駅員 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)2016年7月22日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)  その頃、再三、岐阜市を訪問していた千年君。そのついでに大阪の企業のお膳立てで、ブラジルからの「出稼ぎについて」と題した講演会に招待された。そこで出稼ぎ事情をお話したが、その席に彼の支店長さんが出席していたようで有った。そんなことを書いたメモが、現金五万円と共に例の封筒に入って […]