ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(12)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(12)

 感慨深い、第一歩をまさにふみ出したのだ。ブラジルの原始林の真っただ中の、素朴な住まい。飾り気ない寝室だが、彼らが夢に向かって突進する居城なのであった。
 ここが千年太郎、野口節男、二青年の雇い主(パトロン)、岩下与一氏宅である。
 一九五七年頃、ブラジル政府は旧日本移民の素晴らしい業績と実直な働きに対して理解をしめし、戦後移民受け入れに寛大な態度だった。実直一路な大和民族の働きを高く評価し、絶大な理解を示した。その結果、旧移民の高齢化を補う(おぎなう)意味で、コチア産組の次代を担う勤勉の導入と、さらに当時の日本国民の救済を兼ねて、日本人若人を敢えて受け入れたのだと聞いていた。
 それが「コチア青年移民導入」であり、千年太郎物語「月のかけら」小説の背景である。
 ここまで述べた様に、千年家は戦前戦後を通じて先祖代々、思想的には明朗闊達にして、悲哀には至って頓着せず、祝着至極にして、常に前方志向を好んだ。取りも直さず、我慾はできるだけ慎み、常に平和的行動に努め、「人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」の明言を好んで、実践しようとした。その態度を、先祖代々子々孫々に受け継ぐ事を常とした。
 そのあり方を一言でいえば、「月のかけら」であろう。千年家の人生訓は、対人関係では「有言実行、質素倹約」を旨とし、強いて人の面前に立つのを好まず、「ひっそりと世を照らす」お月さま的存在であることを信条とした。
 周囲にこわれて助言者となり、幸運な人生を送れた部分もある。だが、裏表なくテキパキとした助言をするがゆえに、時にそれを嫌がるものがいるのも必然である。だから、不愉快な思いをすることも多く、それは太郎の宿命的なマイナス面となった。
 岩下家到着当日は、家族と岩下氏懇意の者数名、それに親戚筋の従弟で、岩下農場の支配人、同地内に住んでいる同性の岩下完二さん家族と、かなりの人数で賑やかな歓迎会になった。
 この一帯の農家には電気はなく、全て石油ランプを使っているが、けっこう明るい。不自由はなさそうである。この一帯は未だ原始林であるから、猛獣のオンサ(豹)が人家の周りに出没する事があり、油断は出来ない。用心のため、大型犬を飼ってはいるが、念のため夜はランプの明かりは消さないようにと注意された。
 当日の歓迎会は、岩下家及び従弟の家族全員の手料理のようであった。それにしても中々見事な料理である。岩下氏の奥さんが、従弟の完二さんの娘達が手伝ってくれたと言っていた。
 飲み物はレモナーダ(レモンジュース)と地酒ピンガである。パトロンの岩下氏は余り飲めないようだが、従弟の完二さんはかなり強いようで、先程からかなり調子を上げていた。
 新来青年二人は、日本から持って来た「日本酒」「日本茶」「昆布」「せんべい」等などを土産に差し上げて喜ばれていた。
 千年、野口の二人は、娘さん相手に「グイグイ」遣っている。勢い会話も弾む。皆さん日本の話に興味深々、敗戦日本のその後が気になるらしい。太郎と節男の話に身を乗り出して聞き入る。二、三時間では終わりそうもない。
 料理は最初から、五キログラムはありそうな、大きなかたまりの焼き肉。これが名物(シュラスコ)。手を出し兼ねていると、娘さん達が薄く切ってくれた。ブラジル名物、流石に美味かった。こんなにおいしいもの初めて食べた。ブラジルに来て本当に幸せ感を味わった「井の中の蛙」、田舎育ちの新来青年であった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(15)2016年6月7日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(15)  さて、千年太郎青年は、岩下ご夫妻の親愛なるご指導ご鞭撻により、岩下家の主生産品のトマテ(トマト)生産出荷に向けて、頑張って行く。五、六ヶ月はアッと言う間に過ぎた。ところがここで予想だにしなかった事態発生。早くも挫折の危機に見舞われる。九月にはいり、季節は春ながら海岸線特有の蒸 […]
  • 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第2回=労働法、税法の理解のために2018年4月7日 110周年記念リレーエッセイ=若手・中堅弁護士が見た=日伯またぐ法律事務の現場=第2回=労働法、税法の理解のために  ブラジルにおける労働法、税法は、日本の駐在員にとって一番分かり難い法制度になっています。私は2年間ほど日系企業との付き合いがありますので、日伯の比較をしながらブラジルの労働法、税法について幾つかの問題点を取り上げたいと思っております。  まずは労働法についてお話したいと思い […]
  • ■訃報■山田充伸さん2018年3月16日 ■訃報■山田充伸さん  コチア青年連絡協議会、岐阜県人会、ブラジル倫理の会などで会長職を歴任した山田充伸さんが、癌のため先月19日に亡くなった。享年82。  山田さんは1936年11月23日に岐阜県郡上郡八幡町で生まれ、戦後58年にコチア青年の第1次14回生として渡伯した。ミナス州ピラポーラ団地に […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(43)2017年8月22日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(43)  そして資金面で一致結束できる見通しがようやく判明した。そこで3ヵ月後の9月臨時総会を召集し、資金調達の予備調査の結果が報告され、母県への代表派遣を正式に決定。その代表に山城勇を正式に決定した。  私自身は決して喜んで引き受けるのではなく、事の重要性を自覚していながらも、既に […]
  • 大耳小耳2016年11月5日 大耳小耳  コチア青年の古希・喜寿・傘寿合同祝賀会では、記念品としてお盆やすし桶が該当者に贈られた。前田会長によると、7~8年前は湯飲みや花瓶だったそう。「安っぽいしねえ。すし桶とお盆に変えたら反応も良かった」と笑った。普段使いできるものも良いが、「そこでしか貰えない物」も良い。島根県人 […]